谷本拓教授が第4回リサーチフロントアワードを受賞

谷本拓教授が第4回リサーチフロントアワードを受賞しました。

リサーチフロントアワードは、トムソン・ロイター社が主催し、今後飛躍的な発展が期待される先端研究領域を特定するとともに、その領域で世界をリードする日本の研究機関所属の研究者を広く社会に紹介することを目的として、論文の引用分析によって受賞者の選出を行っています。第四回リサーチフロントアワードでは全世界12,188の先端研究領域(リサーチフロント)から、日本の研究者の貢献が特に高いと認められるフロント8つが選出されました。

研究領域:神経科学
受賞研究(リサーチフロント):報酬シグナルとして働くドーパミンニューロン

詳細

【問い合わせ先】
生命科学研究科 広報室
TEL :022-217-6193
Email:lifsci-pr*grp.tohoku.ac.jp (*を@に置き換えて下さい)

Twitter @TohokuU_Lifesci