GO TOP

教育

ディプロマポリシー・カリキュラムポリシー

東北大学大学院生命科学研究科博士課程前期2年の課程の
ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

東北大学大学院生命科学研究科では、次に掲げる目標を達成した学生に修士の学位を授与する。

  1. 広い視野と専門的知識・技能に基づいて、生命科学の分野において独創的な研究を遂行する能力又は高度に専門的な職業に従事できる能力を有している。
  2. 社会的及び学問的ニーズを踏まえつつ、高い倫理と責任をもって、社会の発展に貢献することができる
  3. 国際的視野とコミュニケーション能力を有し、それによって世界水準を目指す研究成果を発信すること、又は高度に専門的な職業に活かすことができる

カリキュラムポリシー

東北大学大学院生命科学研究科では、ディプロマ・ポリシーで示した目標を学生が達成できるよう、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施する。

  1. 学際的科目及び専門科目を提供し、論文作成等に係る研究指導体制を整備し、広い視野と生命科学分野に関する専門的知識・技能の獲得を促進する
  2. 研究遂行に求められる高い倫理観を育む機会、及び学内外で幅広い社会的経験の場を提供する
  3. 学修成果の評価基準を明示するとともに、修士論文に基づいて研究成果の審査及び試験を適切に行う

 

東北大学大学院生命科学研究科博士課程後期3年の課程の
ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

東北大学大学院生命科学研究科では、次に掲げる目標を達成した学生に博士の学位を授与する。

  1. 豊かな学識と高度の専門的知識・技能に基づいて、生命科学の分野において自立して独創的な研究を遂行し指導できる能力、又は高度に専門的な職業に従事できる卓越した能力を有している
  2. 社会的及び学問的ニーズを踏まえつつ、独自の発想や高い倫理と責任をもって、社会及び学問の発展に貢献することができる
  3. 高度な国際的視野とコミュニケーション能力を有し、世界水準の研究成果を発信し、それによって国内外における当該分野の研究を先導すること、又は高度に専門的な職業のリーダーとして当該職域を牽引することができる

カリキュラムポリシー

東北大学大学院生命科学研究科では、ディプロマ・ポリシーで示した目標を学生が達成できるよう、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施する。

  1. 論文作成等に係る研究指導体制を提供し、豊かな学識と生命科学分野に関する高度な専門的知識及び技能の獲得を促進する
  2. 研究遂行に求められる高い倫理観やリーダーシップを育む機会、及び国内外で最先端の研究成果に学ぶ場を提供する
  3. 学修成果の評価基準を明示するとともに、博士論文に基づいて研究成果の審査及び試験を適切に行う