平成27年秋の叙勲で、本研究科関係では大類洋名誉教授が、瑞宝中綬章を受章されました。

 大類名誉教授は、平成13年4月生命科学研究科教授となり、平成17年4月に東北大学名誉教授の称号を授与されました。大類教授は糖を出発物質とした生理活性化合物の合成・創出の分野では世界の先駆者として大きな業績をあげ、さらに生体成分・天然物の高感度・精密分析法の開発を行い、これらの分野において先導的な役割を果たすとともにその発展に大きく貢献したことに対し受章されました。

Twitter @TohokuU_Lifesci