渡辺正夫教授、平成27年度「仙台市理科特別授業」への貢献で感謝状

 渡辺正夫教授に対して、平成27年度「仙台市理科特別授業」への多大なる貢献ということで、感謝状が贈呈されました。「仙台市理科特別授業」とは、小学校理科教育の充実を図ることを目的とし、企業や大学等の研究者や退職教員等の社会人講師が小学生対象に授業を実施するものです。授業は、理科に関する学習事項と実社会,実生活とのつながりを実感できる内容及び単元の学習を発展させる内容で行うものです(仙台市教育センターHPより引用)。渡辺教授は、これまでの小学校理科教育への出前講義実績を活かし、本活動に参加し、そのことが評価されたことによるものです。

 
 今年度は、仙台市内の4つの小学校(若林小学校高砂小学校片平丁小学校東四郎丸小学校)へ出前講義を行い、その貢献に対する感謝状です。なお、これらの小学校以外にも数多くのアウトリーチ活動を行ってきました(http://www.ige.tohoku.ac.jp/prg/watanabe/activty/delivery/)。

 
 これを励みとして、今後もアウトリーチ活動に取り組みたいと思います。


所属:生態システム生命科学専攻・植物生殖遺伝分野
名前:渡辺正夫
URL:http://www.ige.tohoku.ac.jp/prg/watanabe/ 
E-maiil: nabe*ige.tohoku.ac.jp(*を@に置換えて下さい)

Twitter @TohokuU_Lifesci