GO TOP

研究科概要

組織図

生命科学研究科の組織について

それぞれの専攻の講座は、基幹講座、協力講座、連携講座からなります。基幹講座は本研究科に専属する教官によって構成され、学生は教官の属する研究室で研究指導を受けます。協力講座は、本学の研究所(加齢医学研究所、多元物 質科学研究所、東北アジア研究センター、付属植物園)に所属し、学生の講義と研究指導をします。連携講座に所属する学生は、かずさDNA研究所で研究指導を受けます。学生は、どの講座に属するかに関わりなく、生命科学研究科の学生として教育を受け、研究を行います。

また、基幹講座に所属する教官は、大学院教育だけでなく、理学部生物学科、理学部化学科、農学部、医学部などの学部教育も担当し、学部の講義や卒業研究指導などを行っています。

分子生命科学・生命機能科学・生態システム生命科学

分子生命科学専攻

遺伝子科学、生化学、有機化学的アプローチを基盤として、DNAから生物活性分子にまたがるさまざまな機能分子の構造と、高次生命システム内での機能性および生体応答の関係を、多面的かつ系統的に解明するための教育研究をおこなう。

本研究科におけるすべての研究の分子基盤を作り、高次生命システムを分子機能から統一的に理解する基礎とする。

生命機能科学専攻の分野紹介

細胞の各種機能が制御されつつ発揮される機構を解明し、高次生命システムとして植物・動物の多様な多細胞体形成の機構を研究する。

さらに高次生命体に発達した情報の統合的処理を実現する脳の機能や、その形成機構を解明する。

生態システム生命科学

生命環境について、そのシステムの基本となる生物多様性の形成・維持機構を分子、細胞、個体、個体群の間の相互作用として研究するとともに、生態系を構成 する多様な生物の遺伝的基礎と機能、それらに対する環境変動の影響を明らかにすることによって、生命環境の将来を予測し、それに基づいた生物と生命環境の 制御、保全を可能にする。