研究科概要

生命科学研究科とは

本研究科は平成13年に設立されました。それまで理学研究科、農学研究科、医学系研究科、遺伝生態研究センター、加齢医学研究所に所属していた教員を再編成し、さらに多元物質科学研究所、加齢医学研究所、東北アジア研究センターの教員の協力を得て構成されております。学部の無い独立研究科の形をとっておりますが、本学理学部、農学部、工学部等の出身者が、入学者の約半分を占め、半分が他大学出身者という構成になっております。

生命科学研究科の約半数の教員は、理学部生物学科、理学部化学科、農学部の学部教育に関わっており、講義、卒業課題研究を指導しています。

本研究科は、分子生命科学、生命機能科学、生態システム生命科学の3専攻からなり、また平成17年4月より、浅虫海洋生物学研究センターが、本研究科附属となりました。

特色

国内の大学に同様な名称の研究科が既にいくつか設立されておりますが、本研究科をそれらと比較すると、はるかに広い生命科学の分野を網羅していることがわかります。生命科学の限られた分野を全員で集中的に研究教育するというのではなく、生命科学全体の中にいくつかの柱を作り、それらをグループで研究すると同時に、研究科内で広い研究教育を行おうという方法をとっております。広い研究教育を行うということは、もちろん生命科学のすべての分野について研究教育を行うものではありません。しかし各専攻の少数の分野について知ることによって、生命科学の全体像を間違いなく理解できると考えております。従って今まで学部で生命科学あるいは生物学の教育をほとんど受けていない人でも、本研究科で生命科学の広い素養を身につけることができます。

本研究科には、生態システム生命科学専攻という生物環境関係の専攻があるのも大きな特徴です。この分野が生命科学の中でも、将来、特に社会とのつながりが深くなると考えられ、生命科学としては不可欠のものとなってきております。他に生物活性分子の研究、脳研究等が、現在この研究科でのグループ研究の特徴的なものです。今後は以下の4つのプロジェクトを立ち上げて研究を推進いたします。

(1)高次脳機能を支える神経基盤の構築と動態の研究

(2)生体シグナルとセンシングの分子、細胞、個体レベル統御機構の研究

(3)環境変動下における高次生命システムの創出・維持・保全の研究

(4)高次生命現象の統合的理解のためのゲノム、ポストゲノム研究

生命科学研究科のめざすもの

本研究科の特徴を生かし、幅広くバランスのとれた生命科学の教養を身につけ、生命科学の新たな展開を支える研究者の育成をめざします。また、多くの様々な分野の間の共同研究により、新しい視点からの新しい生命科学研究をめざします。

本研究科でのプロジェクトの成果を発信することによって、国際的に貢献してゆくのは研究科として当然であります。また環境問題等で地域社会にも貢献してゆかねばなりません。さらに生命科学は、物質科学と人間科学の間をつなぐ独自の構成を持った大きな領域です。その中は分子レベルの生命科学から始まり、細胞レベル、個体レベル、個体間レベルまでという階層構造からなっており、これらのそれぞれが応用領域と繋がっております。また生命科学の研究そのものに強い倫理観が必要になってきます。

本研究科は、このような生命科学の構造を理解した上で各分野の発展に貢献すると同時に、将来勃発する生命科学の新しい問題に、広い基礎という武器を持って対応できる人材を養成してゆかねばならないと考えております。

生命科学研究科歴史

2001年 設立
2005年 浅虫海洋生物学研究センターが本研究科附属になる

Twitter @TohokuU_Lifesci