分子生命科学専攻 : 生命有機情報科学講座

活性分子動態 分野

 「植物ホルモン」は、植物の成長や分化に微量で多大な影響を与える活性分子です。当分野では、植物ホルモンを作ることができなかったり、反応できない突然変異体を化学生物学的視点から解析し、それらのホルモンがどのように作られ(生合成)、どのように働くのか(受容・信号伝達)を明らかにします。これらの研究から、微量な小分子であるホルモンが、環境の変化に応じてどのように植物の成長や形態をダイナミックに制御するのかを明らかにしていきます。

特色・実績

 私たちは、近年「ストリゴラクトン」と呼ばれる新しいホルモンを発見しました。ストリゴラクトンは、もともと植物の根から分泌されて、「植物の養分吸収を助ける共生菌」や逆に「植物の栄養を奪う根寄生植物」とのコミュニケーションに関わる化学シグナル(アレロケミカル)として知られていた物質でした。そのような物質が、植物自身の成長や形態(枝分かれ)を制御するホルモンであることが分かったのです。私たちはこの新しいホルモンの作用機構を学び、そこから得られた知見をもとに作物の枝分かれをコントロールしたり、作物を根寄生植物から守るための新しい戦略の開発に挑みます。

研究室HP  http://labo.lifesci.tohoku.ac.jp/biomol/

教員紹介

1-6yamaguchi
  • 植物ホルモンの生合成や作用機構の解明
  • 新しいホルモン「ストリゴラクトン」の研究
  • 新しい植物ホルモン様低分子の探索
Kiyoshi_Mashiguchi(加工後2)
助教 増口 潔

植物ホルモンの生合成や作用機序に関する研究

院生の受賞一覧

浅見 慶   「植物化学調節学会第48回大会 ポスター賞」

前年度学位論文題目一覧

修士

  • 根寄生植物のストリゴラクトン受容体候補タンパク質の機能解析

活性分子動態分野院生による研究室紹介

名前

浅見 慶 

学年

M1 

出身大学・学部

東北大学 農学部

研究テーマ

ストリゴラクトン生合成におけるカーラクトンの研究

自分が見る研究室の特色

 本研究室は、枝分かれ抑制ホルモン「ストリゴラクトン」を中心とした植物ホルモンの研究に、遺伝学、分子生物学、有機化学といった多角的な視点で取り組んでいます。自分に合った研究課題を選択することが可能であり、難易度の高い課題にも挑戦することができます。学生同士の仲は良く、和気あいあいとした雰囲気の中、自分のペースで研究を楽しみながら学生生活を送ることができます。



Twitter @TohokuU_Lifesci