分子生命科学専攻 : (協力講座)生体機能分子科学講座

生体機能分子解析 分野

「蛋白質の折り畳み」をキーワードとした生命科学研究

特色・実績

 蛋白質は特定の形に折り畳むことで、さまざまな機能を果たします。蛋白質が折り畳む特性を理解することで、蛋白質の構造予測や設計などの応用が広がると予想されます。さらに、蛋白質がある形に折り畳む特性は、蛋白質合成、輸送、分解などの細胞内現象に深く関与します。当研究室では、独自の一分子蛍光観察法を開発し、蛋白質の形がどのように作られるのかを調べる研究を展開しています。

教員紹介

p_takahasi
教授 高橋 聡
  • 一分子観察とバルク観察による蛋白質の折り畳みダイナミクス
1-14kamagata
  • 新規一分子観察法による蛋白質の折り畳みが関わる生命現象
oikawa_picture

タンパク質ダイナミクスの一分子追跡

前年度学位論文題目一覧

修士

  • タンパク質デザインを目指した高速・高感度蛍光一分子ソーターの開発


Twitter @TohokuU_Lifesci