生態システム生命科学専攻 : (連携講座)ゲノム生態学講座

ゲノム構造機能 分野

 各種生物の全ゲノムを解析し、その構造と機能を明らかにすることによって、ゲノム情報を包括的に把握するとともに、ゲノム情報の解析技術とポストゲノム解析などを行なう。

特色・実績

 本講座は、連携講座としてかずさDNA研究所内(千葉県木更津市)に設置されていますので、研究所が蓄積してきた豊富な研究資源の恩恵を受けることができます。私たちは、ヒト、マウス、シロイヌナズナ(モデル植物)、栽培作物や、根粒菌などの微生物を含む様々な生物のオミクス研究を行っています。また、データベースの作成、ゲノムやトランスクリプトームに関する情報解析手法などバイオインフォマティクスを利用した研究や、工業的なバイオマス生産への応用的なオミクス研究も進めています。

http://www.kazusa.or.jp/ja/plant/PG2HP/Tohoku-u/tohoku-u.html

教員紹介

p_shibata
客員教授 柴田 大輔

メタボロミクス、特に、メタボローム解析技術

p_nagase
客員教授 長瀬 隆弘

メタゲノム解析による有用酵素の探索

p_hirakawa
客員准教授 平川 英樹

植物および微生物のゲノム情報解析



Twitter @TohokuU_Lifesci