生命機能科学専攻 : 細胞機能構築統御学講座

膜輸送機構解析 分野

 私達多細胞生物体の基本単位である細胞は、さらに様々な膜で包まれたオルガネラ(細胞内小器官)により構成されています。これらのオルガネラは独自の機能を持ちますが決して独立した存在ではなく、「膜輸送(メンブレントラフィック)」を介して頻繁に情報交換を行っています。適切な膜交通が損なわれるとヒトは様々な病気を発症することから、膜輸送の分子メカニズムの解明は生物学・医科学における重要な研究課題の一つです。膜輸送を円滑に行うためには「交通整理人」の存在が重要で、私達の分野ではこの交通整理人役の蛋白質を同定し、その役割を明らかにすることにより、膜輸送の分子メカニズムの解明に取り組んでいます。

特色・実績

 細胞内では様々な「膜輸送」が行われていますが、私達の研究分野では、この中でも特に神経伝達物質の放出など神経細胞に特異的に見られる膜輸送現象、オートファジー(自食)、さらにはメラノサイトに特異的に見られるメラノソーム(メラニン色素含有小胞)の輸送に焦点を当てて研究を行っています。これまでに、低分子量G蛋白質Rab27が神経細胞においてリサイクル小胞をプレシナプス膜へ輸送すること、メラノサイトにおいてメラニン色素を輸送することを発見しています。また最近では、Rab33Bのオートファジー制御への関与やRab38のメラニン合成酵素輸送への関与も明らかにしています。このように私達の研究分野では、分子生物学、細胞生物学、生化学、分子イメージングの技術を駆使して、膜輸送の分子メカニズムを解明することにより生命現象を理解することを目指しています。

教員紹介

p_fukuda
  • 神経細胞に特異的な膜輸送を制御する分子基盤の解明
  • メラノサイトにおけるメラノソームの形成・成熟・輸送の制御機構の解明
  • オートファジーを制御する膜動態の制御機構の解明
  • 上皮細胞の極性形成を制御する膜輸送の分子基盤の解明
noImage
2-2huijta

筋細胞に特異的な膜構造体の形成・再構成機構の解析

院生の受賞一覧

石橋 弘太郎「平成20年度特定領域研究「G蛋白質シグナル」班会議・優秀ポスター賞」

石橋 弘太郎「平成21年度生命科学研究科長賞」

小林 穂高「第1回東北大学脳科学国際シンポジウム・ポスター優秀賞」

田村 可南子「平成22年度生命科学会会長賞」

小林 穂高「平成22年度生命科学会会長賞」

石橋 弘太郎「平成23年度生命科学会会長賞」

石橋 弘太郎「平成23年度 青葉理学振興会・振興会賞」

石橋 弘太郎「平成23年度生命科学研究科長賞」

小林 穂高「平成24年 Cold Spring Harbor Asia Conference ・ポスター賞」

石田 森衛「第85回日本生化学会大会・鈴木紘一メモリアル賞」

小林 穂高「平成25年American Society of Cell Biology Annual Meeting・Graduate Student  Travel Award」

小林 穂高「平成25年度生命科学会会長賞」 

小林 穂高「平成25年度東北大学総長賞」

松井 貴英「平成25年度生命科学研究科長賞」

石田 森衛「平成25年度生命科学研究科長賞」

松井 貴英「平成25年度青葉理学振興会・振興会賞」

小林 穂高「第7回メルク賞優秀賞」

石田 森衛「IPCC 2014: XXII International Pigment Cell Conference Travel Award」

石田 森衛「平成26年度日本色素細胞学会奨励賞」

荒井 沙希「第86回日本生化学会大会若手優秀発表賞」

小林 穂高「第31回井上研究奨励賞」

石田 森衛「平成27年度青葉理学振興会・振興会賞」

石田 森衛「平成27年度東北大学総長賞」

衛藤 貫「平成27年度生命科学研究科長賞」

前年度学位論文題目一覧

修士

  • Structure-function analyses of the small GTPase Rab35 and its effector centaurin-β2 during neurite outgrowth(神経突起伸長におけるRab35とそのエフェクター分子centaurin-β2の構造機能相関に関する研究)
  • Role of Rab40C in melanogenic enzyme transport in melanocytes(メラニン合成酵素の輸送におけるRab40Cの役割)
  • Identification and characterization of a novel Rab11-binding protein TBC1D12(新規Rab11結合分子TBC1D12の同定とその機能解析)

博士

  • Study on the molecular mechanisms of microtubule-dependent anterograde melanosome transport in melanocytes(メラノサイトにおけるメラノソームの微小管順行性輸送メカニズムに関する研究)

膜輸送機構解析分野院生による研究室紹介

名前

小林 穂高 

学年

D3 

出身大学・学部

東北大学 理学部

研究テーマ

Rab35-centaurinβ2複合体による神経突起伸長メカニズムの解明

自分が見る研究室の特色

 福田研の特色は、楽しさと真剣さの両立です。スタッフと学生間の垣根がとても低く、研究室は(廊下まで届く)笑い声が絶えません。一方、日々のディスカッションやセミナーでは、力のあるスタッフ陣と互いの意見をしっかりとぶつけ合うことができます。最先端の研究に携わりつつ、日々楽しく学ぶ毎日です。この環境に引き込まれて集まった研究者を目指す仲間達と切磋琢磨する研究生活は、とても充実しています。



Twitter @TohokuU_Lifesci