新たな果実高糖度化手法の開発-甘いトマト果実の作出に成功-

新たな果実高糖度化手法の開発

-甘いトマト果実の作出に成功-

所属

遺伝システム学講座 分子応答制御分野

名前

草野 友延

E-mailkusano*ige.tohoku.ac.jp (*をatに置き換えてください)

本研究科の分子応答制御分野 草野 友延(くさの とものぶ)教授のグループは、ドイツ国 Biodiversity and Climate Research Center(生物多様性・気候変動研究センター)の Thomas Berberich(トーマス・ベルベリッヒ)博士および東北大学大学院農学研究科金山 喜則(かなやま よしのり)准教授らとの共同研究により、果実を高糖度化する新規手法の開発に成功しました。本手法は、植物由来の単一の転写因子遺伝子を果実特異的に発現することにより行います。今回の研究はトマトで行なわれましたが、ショ糖を主たる転流糖とする植物の果実糖度を高める事、あるいはバイオエタノール生産用のトウモロコシの穀粒部位の高糖度化への応用が期待できます。

本研究成果は、2015 年 9 月 24日付で Plant Biotechnology Journal 誌(電子版)に掲載されました。

詳細(プレスリリース本文)PDF

【論文】
題目:A novel strategy to produce sweeter tomato fruits with high sugar contents by
fruit-specific expression of a single bZIP transcription factor gene.
掲載誌:Plant Biotechnology Journal
著者:Sagor GHM, Berberich T, Tanaka S, Nishiyama M, Kanayama Y, Kojima S,
Muramoto K, Kusano T.
DOI: 10.1111/pbi.12480 

【お問い合わせ先】
(研究に関すること)
東北大学大学院生命科学研究科
教授 草野 友延 (くさの とものぶ)
電話番号:022-217-5709
E メール:kusano*ige.tohoku.ac.jp (*を@に置き換えてください)

(報道に関すること)
東北大学大学院生命科学研究科広報室
担当 高橋 さやか(たかはし さやか)
電話番号:022-217-6193
E メール:lifsci-pr*ige.tohoku.ac.jp (*を@に置き換えてください)

Twitter @TohokuU_Lifesci