2015年11月30日開催
第20回 学際ライフサイエンスシンポジウム

タイトル

第20回 学際ライフサイエンスシンポジウム

開催日 2015年11月30日(月) 14:00-17:50
開催場所

雨宮キャンパス 農学研究科 講義棟 第1講義室

プログラム


14:00-14:05 開会の辞
     
14:05-14:45
講演1:三好 一郎 教授(医学研究科・動物実験施設) 「病態モデル医学」

14:45-15:25
講演2:長崎 正朗 教授(情報科学研究科・バイオメディカル情報解析学分野) 「日本人全ゲノムリファレンスパネルと今後」

15:25-16:05
講演3:斎藤 正寛 教授(歯学研究科・口腔修復学講座歯科保存学分野) 「マルファン症候群の根本的治療を目指した新規創薬開発に関する研究」

16:05-16:20 休憩

16:20-17:00
講演4:千葉 奈津子 教授(加齢医学研究所・腫瘍生物学分野) 「ゲノム安定性維持機構の破綻による発がん」

17:00-17:40
講演5:原田 昌彦 准教授(農学研究科・分子生物学分野) 「エピジェネティック制御におけるヒストンとアクチンのクロストーク」

17:40-17:45 閉会の辞

ポスター PDF(104.8KB)
連絡先

世話人: 
膜輸送機構解析分野   福田 光則( nori*m.tohoku.ac.jp *を@に置き換えて下さい )

Twitter @TohokuU_Lifesci