2016年5月11日開催
第4回 生命科学研究科 交流ミーティング

タイトル

第4回 生命科学研究科 交流ミーティング

開催日 2016年5月11日(水) 16:30〜18:00
開催場所

東北大学片平キャンパス(本会場)  生命科学プロジェクト総合研究棟1階 講義室B
同 青葉山キャンパス(ビデオ中継) 生物棟大会議室 

講師

泉 正範 博士(東北大学大学院生命科学研究科・ゲノム継承システム分野)
丹羽伸介 博士(東北大学大学院生命科学研究科・発生ダイナミクス分野)

内容

本セミナーは生命科学研究科に所属する研究者の交流と将来的なコラボレーションを目的として始まったものです。皆様、お誘い合わせの上奮ってご参加下さい。なお、セミナー終了後、同会場におきまして交流会を行います。

講演者1          ゲノム継承システム分野 泉正範博士
演題     光合成オルガネラ「葉緑体」を分解する2つのオートファジー経路
「葉緑体」は、光合成を担い植物の成長効率を直接規定するオルガネラであるが、実は様々な局面で「分解」を受けている。例えば、季節が巡り青々とした水田が黄金色に色付く際には、葉の葉緑体が壊され、派生した栄養素が種子(食料としての米)形成に再利用される。このように作物の生産性とも密接に関わる「葉緑体の分解機構」を分子レベルから明らかにすることを目指しており、今回の交流会では、真核生物が持つ細胞内分解系オートファジーによる分解経路と、新たに発見したその役割について紹介したい。

講演者2          発生ダイナミクス分野 丹羽伸介博士
演題     線虫遺伝学を用いた神経細胞の形態形成機構の解析
演者は微小管と微小管依存性モータータンパク質キネシンに着目して神経細胞の形態形成機構を解析している。今回のセミナーでは(1)神経細胞の軸索が分化しその長さが制御される仕組みと(2)キネシンによってシナプス小胞やミトコンドリアなどのオルガネラが輸送される仕組みについて議論する。構造生物学の知見と線虫遺伝学を組み合わせることで何ができるか、EMSスクリーニングやCRISPR/Cas9を用いることでどのようなことができるかなど、ややテクニカルなことも話したい。

ポスター PDF(2.4MB)
連絡先

楢本悟史 (分子発生制御分野) 
satoshi.naramoto.d6*tohoku.ac.jp (*を@に置換えて下さい)
増口潔 (活性分子動態分野)  
kiyoshi.mashiguchi.c5*tohoku.ac.jp(*を@に置換えて下さい)

Twitter @TohokuU_Lifesci