生命機能科学専攻 : 細胞機能構築統御学講座

器官形成 分野

2-9abe
阿部 玄武
キャンパス 青葉山 キャンパス
専攻分野 器官形成分野
連絡先 022-795-6677
E-mail gembu.abe.b5attohoku.ac.jp
ホームページ http://www.biology.tohoku.ac.jp/lab-www/tamlab/

脊椎動物の発生や進化の仕組みを、モデル生物ゼブラフィッシュを中心に研究しています。

経歴

1997年 福島県立安積高等学校卒業
2002年 広島大学理学部生物科学科卒業
2004年 東北大学大学院生命科学研究科(博士前期過程)修了
2007年 東北大学大学院生命科学研究科(博士後期過程)修了
2007年 生命科学博士(東北大学)取得
2007年~2012年 遺伝学研究所初期発生部門・研究員
2012年~2015年  Academia Sinica, Institute of Cellular and Organisimic Biology (Taiwan); Postdoctoral fellow
2015年~ 東北大学大学院生命科学研究科 助教

著書・論文

著書・論文 

原著論文

1. Li IJ, Chang M, Liu SC, Abe G, Ota KG.; Postembryonic staging of wild-type          goldfish, with brief reference to skeletal systems. Dev Dyn. 2015

2. Abe G, Lee SH, Chang M, Liu SC, Tsai HY, Ota KG.; The origin of the bifurcated axial skeletal system in the twin-tail goldfish. Nat Commun. 2014

3. Tsai HY, Chang M, Liu SC, Abe G, Ota KG.; Embryonic development of goldfish (Carassius auratus): a model for the study of evolutionary change in developmental mechanisms by artificial selection. Dev Dyn. 2013

4. Wada H, Ghysen A, Asakawa K, Abe G, Ishitani T, Kawakami K.; Wnt/Dkk negative feedback regulates sensory organ size in zebrafish. Curr Biol. 2013

5. Asakawa K, Abe G, Kawakami K.; Cellular dissection of the spinal cord motor column by BAC transgenesis and gene trapping in zebrafish.Front Neural Circuits. 2013

6. Muto A, Ohkura M, Abe G, Nakai J, Kawakami K.; Real-time visualization of neuronal activity during perception.Curr Biol. 2013   

7. Yano T, Abe G, Yokoyama H, Kawakami K, Tamura K.; Mechanism of pectoral fin outgrowth in zebrafish development. Development. 2012   

8. Suster ML, Abe G, Schouw A, Kawakami K.; Transposon-mediated BAC transgenesis in zebrafish. Nat Protoc. 2011   

9. Abe G, Suster ML, Kawakami K.; Tol2-mediated transgenesis, gene trapping, enhancer trapping, and the Gal4-UAS system. Methods Cell Biol. 2011

10. Kawakami K, Abe G, Asada T, Asakawa K, Fukuda R, Ito A, Lal P, Mouri N, Muto A, Suster ML, Takakubo H, Urasaki A, Wada H, Yoshida M.; zTrap: zebrafish gene trap and enhancer trap database. BMC Dev Biol. 2010  

11. Picker A, Cavodeassi F, Machate A, Bernauer S, Hans S, Abe G, Kawakami K, Wilson SW, Brand M.; Dynamic coupling of pattern formation and morphogenesis in the developing vertebrate retina. PLoS Biol. 2009  

12. Noro M, Uejima A, Abe G, Manabe M, Tamura K.; Normal developmental stages of the Madagascar ground gecko Paroedura pictus with special reference to limb morphogenesis. Dev Dyn. 2009   

13. Yonei-Tamura S, Abe G, Tanaka Y, Anno H, Noro M, Ide H, Aono H, Kuraishi R, Osumi N, Kuratani S, Tamura K.; Competent stripes for diverse positions of limbs/fins in gnathostome embryos. Evol Dev. 2008   

14. Nagayoshi S, Hayashi E, Abe G, Osato N, Asakawa K, Urasaki A, Horikawa K, Ikeo K, Takeda H, Kawakami K.; Insertional mutagenesis by the Tol2 transposon-mediated enhancer trap approach generated mutations in two developmental genes: tcf7 and synembryn-like. Development. 2008

 15. Abe G, Ide H, Tamura K.; Function of FGF signaling in the developmental process of the median fin fold in zebrafish. Dev Biol. 2007

 

総説

1. Ota KG, Abe G.; Goldfish morphology as a model for evolutionary developmental biology. Wiley Interdiscip Rev Dev Biol. 2016

2. 米井小百合、阿部玄武、田村宏治. 四肢・ヒレ形成と位置情報. 蛋白質核酸酵素別冊-発生システムのダイナミクス. 共立出版. 2005, 731-737.

所属学会

発生生物学会、動物学会

担当講義

自然科学総合実験(全学教育)、発生生物学実習(学部)など

最近の研究について

ゼブラフィッシュや金魚の鰭を用いて、形態進化に際し発生メカニズムがどのようにかかわるのかを研究しています。鰭は脊椎動物の器官の中でももっとも多様性に富んだ構造の一つで、器官の発生や機能を形態進化に結びつける非常に良いモデルになります。多様な鰭構造の進化で明らかになった現象や仮説を、分子遺伝学的手法に秀でたゼブラフィッシュを用いて実験発生学的に証明していきたいと考えています。

メッセージ

生き物は、種あるいは個体ごとに多様な形をしています。それらを形作る過程は複雑ですが、それでいてスマートなロジックで成立しているように見えます。生き物の魅力的な形を、そのようなロジックを解き明かすことで、理解したいと考えています。

Twitter @TohokuU_Lifesci