生態システム生命科学専攻 : 環境遺伝生態学講座

ゲノム継承システム 分野

3-10daigaku
大学 保一(兼)
キャンパス 片平 キャンパス
専攻分野 分子遺伝学,ゲノム情報科学
連絡先 022-217-5745
E-mail ydaigakuatm.tohoku.ac.jp

DNA複製機構を研究することにより,突然変異が生成される仕組みの解明を目指しています

経歴

東北大学理学部卒業,東北大学生命科学研究科修了,Cancer Research UK London Research Institute研究員,英国サセックス大学Genome Damage and Stability Centre 研究員を経て,東北大学学際科学フロンティア研究所に助教として着任,生命科学研究科を兼任.

著書・論文

主な論文
Y. Daigaku, A. Keszthelyi, C. A. Müller I. Miyabe, T. Brooks, R. Retkute, M. Hubank, C. A. Nieduszyski, A. M. Carr, A  global profile of replicative polymerase usage, Nat. Struct. Mol. Biol. 22, 192–8, 2015

Y. Daigaku, A. A. Davies and H. D. Ulrich, Ubiquitin-dependent DNA damage bypass is separable from genome replication. Nature. 465, 951-955, 2010

A. Davies, D. Huttner, Y. Daigaku, S. Chen and H. D. Ulrich, Activation of ubiquitin-dependent DNA damage bypass is mediated by replication protein A. Mol Cell. 29, 625-636, 2008

Y. Daigaku, S. Mashiko, K. Mishiba, S. Yamamura, A. Ui, T. Enomoto and K. Yamamoto, Loss of heterozygosity in yeast can occur by ultraviolet irradiation during the S phase of the cell cycle. Mutat Res., 600, 177-183, 2006

Y. Daigaku, K. Endo, E. Watanabe, T. Ono and K. Yamamoto, Loss of heterozygosity and DNA damage repair in Saccharomyces cerevisiae. Mutat. Res., 556, 183-191, 2004 

総説
Y. Daigaku, Roadworks of DNA Damage Bypass during and after Replication, Genes and Environment. 34, 77-88, 2012 (review article)

所属学会 日本遺伝学会

最近の研究について

遺伝情報の誤りである突然変異は生物の多様性を生む要素であるとともに,我々の様々な疾病の原因となります.突然変異の主な原因はDNA複製中に発生するエラーです.DNA合成反応を行うDNAポリメラーゼの機能に焦点当てた研究を実施し,複製エラーが起きる仕組みを探求します.真核生物には12種類のDNAポリメラーゼが存在し,それらの形成する機能面でのネットワークの解明に挑戦します.

Twitter @TohokuU_Lifesci