生命機能科学専攻 : (協力講座)分化制御学講座

分化再生制御 分野

hayashi
林 陽平
キャンパス 星陵 キャンパス
専攻分野 エピジェネティクス
連絡先 022-717-8572
E-mail yhayashiatidac.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www2.idac.tohoku.ac.jp/dep/crcbr/
経歴

2005年 東京大学薬学部 卒業
2010年 東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻 博士課程 修了・博士(理学)
2010-2011年 東京大学分子細胞生物学研究所 博士研究員
2011-2014年 東京大学大学院薬学系研究科 博士研究員(日本学術振興会特別研究員)
2014年から現職

著書・論文

1. Adachi T, Ishii K, Matsumoto Y, Hayashi Y, Hamamoto H, Sekimizu K.Niemann-Pick disease type C2 protein induces triglyceride accumulation in silkworm and mammalian cell lines.Biochem J., 459, 137-147 (2014).

2. Kawano A, Hayashi Y, Noguchi S, Handa H, Horikoshi M, Yamaguchi Y.Global analysis for functional residues of histone variant Htz1 using the comprehensive point mutant library.Genes Cells, 16, 590-607, (2011).

3. Sato L*, Noguchi S*, Hayashi Y*, Sakamoto M*, Horikoshi M.Global analysis of functional relationships between histone point mutations and the effects of histone deacetylase inhibitors. Genes Cells, 15, 553-594, (2010) (*equally contributed).

4. Akai Y*, Adachi N*, Hayashi Y*, Eitoku M, Sano N, Natsume R, Kudo N, Tanokura M, Senda T, Horikoshi M.Structure of the histone chaperone CIA/ASF1-double bromodomain complex linking histone modifications and site-specific histone eviction. Proc. Natl Acad. Sci. U.S.A., 107, 8153-8158, (2010) (*equally contributed).

5. Hayashi Y* , Senda T*, Sano N*, Horikoshi M. Theoretical framework for the histone modification network: modifications in the unstructured histone tails form a robust scale-free network.Genes Cells, 14, 789-806, (2009) (*equally contributed).

所属学会

日本分子生物学会

最近の研究について

 生体内での生殖細胞の分化過程では、多能性幹細胞は、多能性がより制限されたエピブラストへとまず分化した後始原生殖細胞に分化するため、多能性幹細胞が直接的に生殖細胞としての性質を獲得することはありません。In vitroで、多能性幹細胞を生殖細胞に直接的に変換しようとすることで、生殖細胞の人工的な作製を通して、生体内でのエピブラストを経由した生殖細胞分化の生物学的意義を理解しようとしています。

メッセージ

 自分で問題を設定し、仮説を作り、論理・実験・議論を通して解決するという一連の過程が研究の醍醐味だと思います。これを繰り返して自然の法則性を発見する快感を知るとやみつきになります。自分の不思議だと感じたことを大事にして、発見の芽を育てていってください。縁あったら一緒にその芽を育てましょう。

Twitter @TohokuU_Lifesci