生態システム生命科学専攻 : 環境遺伝生態学講座

ゲノム継承システム 分野

3-9izumi
泉 正範(兼)
キャンパス 片平 キャンパス
専攻分野 ゲノム継承システム分野
連絡先 022-214-5745
E-mail m-izumiatige.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.ige.tohoku.ac.jp/genome/

Google Scholar
https://scholar.google.co.jp/citations?user=vRNHTDIAAAAJ&hl=ja
Research Gate
http://www.researchgate.net/profile/Masanori_Izumi

植物の環境適応や作物の生産性と密接に関わる細胞内現象を、分子レベルから解明することを目指し研究を行っています。実験用の植物は健全に育てられますが、家の鉢花はよく枯らします。

経歴 2003年3月 福島県立白河高等学校 卒業
2007年3月 東北大学農学部 卒業
2009年3月 東北大学大学院農学研究科(博士課程前期2年の過程) 修了
2012年3月 東北大学大学院農学研究科(博士課程後期3年の過程) 修了
博士(農学)(東北大学)取得
2012年4月-2014年3月 日本学術振興会特別研究員PD(東北大学大学院生命科学研究科)
2014年4月-東北大学学際科学フロンティア研究所 助教(生命科学研究科 助教兼任)
2015年8月-2015年12月 オックスフォード大学(イギリス) 客員研究員
2016年10月-科学技術振興機構(JST)さきがけ「フィールド植物制御」領域研究者(兼任)
著書・論文 Izumi M, Hidema J, Wada S, Kondo E, Kurusu T, Kuchitsu K, Makino A, Ishida H. (2015) Establishment of monitoring methods for autophagy in rice reveals autophagic recycling of chloroplasts and root plastids during energy limitation. Plant Physiology vol. 167: pp. 1307-1320  

Takahashi S, Teranishi M, Izumi M, Takahashi M, Takahashi F, Hidema J. (2014) Transport of rice cyclobutane pyrimidine dimer (CPD) photolyase into mitochondria relies on a targeting sequence located in its C-terminal internal region. The Plant Journal vol.79: pp.951-963

Ishida H, Izumi M, Wada S, Makino A (2014) Roles of autophagy in chloroplast recycling. Biochimica et Biophysica Acta - Bioenergetics vol.1837: pp.512-521

Izumi M, Hidema J, Makino A, Ishida H (2013) Autophagy contributes to nighttime energy availability for growth in Arabidopsis. Plant Physiology vol.161: pp.1682-1693

Ono Y, Wada S, Izumi M, Makino A, Ishida H (2013) Evidence for contribution of autophagy to Rubisco degradation during leaf senescence in Arabidopsis thaliana. Plant, Cell and Environment vol.36: pp.1147-1159

Izumi M, Tsunoda H, Suzuki Y, Makino A, Ishida H (2012) RBCS1A and RBCS3B, two major members within the Arabidopsis RBCS multigene family, function to yield sufficient Rubisco content for leaf photosynthetic capacity. Journal of Experimental Botany vol.63: pp.2159-2170

Izumi M, Wada S, Makino A, Ishida H (2010) The autophagic degradation of chloroplasts via Rubisco-containing bodies is specifically linked to leaf carbon status but not nitrogen status in Arabidopsis. Plant Physiology vol.154:pp.1196-1209

Wada S, Ishida H, Izumi M, Yoshimoto K, Ohsumi Y, Mae T, Makino A (2009) Autophagy plays a role in chloroplast degradation during senescence in individually darkened leaves. Plant Physiology vol.149:pp.885-893

Ishida H, Yoshimoto K, Izumi M, Reisen D, Yano Y, Makino A, Ohsumi Y, Hanson MR, Mae T (2008) Mobilization of Rubisco and stroma-localized fluorescent protein of chloroplasts to the vacuole by an ATG gene-dependent autophagic process. Plant Physiology vol.148:pp.142-155
所属学会 日本植物生理学会、日本土壌肥料学会、日本宇宙生物科学会

最近の研究について

葉緑体は、植物や藻類に特有の細胞内小器官(オルガネラ)であり、光合成を中心とした多くの代謝反応を担っています。この葉緑体や葉緑体内部のタンパク質は、様々な局面で分解され、リサイクルされたり、中身が作り変えられたりしています。例えば、夏は青々とした水田も、秋には黄金色に色づきますが、この時イネの葉の葉緑体は分解され、その構成成分のみが種子、つまり米を作るために再利用されていたりします。このような葉緑体の分解がどのように行われているかについて、植物細胞のライブセルイメージングや分子遺伝学解析を駆使して調べています。

メッセージ

 イネが育つと大気中の二酸化炭素からおいしいお米ができるように、植物は動物とはまったく異なる特殊な力を持っています。身近な植物が持つ不思議にも是非目を向けてもらえたらと思います。

Twitter @TohokuU_Lifesci