生態システム生命科学専攻 : 環境遺伝生態学講座

宇宙環境適応生態 分野

児島先生写真
児島 征司 (兼)
キャンパス 片平 キャンパス
専攻分野 分子応答制御
連絡先 022-217-5712
E-mail skojimaatige.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.ige.tohoku.ac.jp/tekio/wordpress/wp-content/themes/lsab_wp/img/Kojima_HP/kojima.html

兵庫県宝塚市の出身です。研究以外ではサッカー(観戦、プレー両方)がライフワークです。

経歴 2012 年 3 月 東北大学大学院農学研究科博士課程修了
2012 年 4 月 カリフォルニア大学バークレー校博士研究員
2014 年 8 月~現在 東北大学大学院生命科学研究科助教
著書・論文

1.Kojima S, Muramoto K, Kusano T (2016) Outer membrane proteins derived from non-cyanobacterial lineage cover the peptidoglycan of Cyanophora paradoxa cyanelles and serve as a cyanelle diffusion channel. J. Biol. Chem. 291:20198-20209.

2.Sugawara E, Kojima S, Nikaido H (2016) Klebsiella pneumoniae major porins OmpK35 and OmpK36 allow more efficient diffusion of β-lactams than their Escherichia coli homologs OmpF and OmpC. J. Bacteriol. DOI:10.1128/JB.00590-16

3.Kojima S, Hayashi K, Tochigi S, Kusano T, Kaneko J, Kamio Y (2016) Peptidoglycan-associated outer membrane protein Mep45 of rumen anaerobe Selenomonas ruminantium forms a non-specific diffusion pore via its C-terminal transmembrane domain. Biosci. Biotech. Biochem. 80:1954-1959.

4.Kowata H, Tochigi S, Kusano T, Kojima S (2016) Quantitative measurement of the outer membrane permeability in Escherichia coli lpp and tol-pal mutants defines the significance of Tol-Pal function for maintaining drug resistance. J. Antibiotics. DOI:10.1038/ja.2016.50.

5.児島征司 (2016) グラム陰性細菌の多剤耐性― b-lactam 系抗生物質の外膜透過・排出速度の測定結果を例に理解する―化学と生物 54(2):80-82.

6.Kojima, S, Nikaido H. (2014) High salt concentrations increase permeability through OmpC channels of Escherichia coli. J. Biol. Chem. 289:26464-26473.

7.Kojima S, Nikaido H (2013) Permeation rates of penicillins indicate that Escherichia coli porins function principally as nonspecific channels. Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 110(28): E2629-E2634.

8.Kojima S, Kamio Y (2012) Molecular basis for the maintenance of envelope integrity in Selenomonas ruminantium: cadaverine biosynthesis and covalent modification into the peptidoglycan play a major role. J. Nutr. Sci. Vitaminol. (Tokyo) 58(3): 153-160.

9.Kojima S, Kaneko J, Abe N, Takatsuka Y, Kamio Y (2011) Cadaverine covalently linked to the peptidoglycan serves as the correct constituent for the anchoring mechanism between the outer membrane and peptidoglycan in Selenomonas ruminantium. J. Bacteriol. 193(9): 2347-2350.

10.Kojima S, Ko KC, Takatsuka Y, Kaneko J, Itoh Y, Kamio Y. (2010) Cadaverine covalently linked to peptidoglycan is required for interaction between the peptidoglycan and the periplasm-exposed S-layer-homologous domain of major outer membrane protein Mep45 in Selenomonas ruminantium. J. Bacteriol. 192(22): 5953-5961.

所属学会 日本農芸化学会、日本植物学会、日本細菌学会

最近の研究について

外環境と細胞内を隔てる境界面である細胞表層は、様々な物質の流入出を制御したり、細胞形態の維持に必要な物理的強度を与えることで、細胞の生存・生育に必須の役割を果たします。また、外環境の変化を感知する反応の多くは表層膜を介して起こり、様々な細胞応答の起点となります。細胞表層を解析することで、細胞の生存戦略として外環境にどう対応してきたか、その合理性や個性が見えてきます。私はこれまで、原核生物・グラム陰性細菌表層の機能と構造的安定性に関する研究を行ってきました。グラム陰性細菌は細胞質膜と細胞壁のさらに外側に外膜を有しています。博士課程在籍時には外膜の安定的維持に必要な、外膜-細胞壁ペプチドグリカン間の接着メカニズムについて研究を行いました (Kojima et al., 2010, 2011) 。卒業後は博士研究員として渡米し、外膜の機能をより定量的に理解することを目指して外膜を介した物質の流入出速度の測定に取り組みました (Kojima & Nikaido, 2013, 2014) 。外膜の透過性は、細胞内への物質の出入りの速度を規定するので、細胞の生存・生育や外環境への応答に直接的かつ定量的に関連します。現在は、グラム陰性細菌の外膜機能解析技術を応用して、葉緑体の外膜に関する研究も行っています。外膜の機能、安定性、及び細胞の生存や細胞応答の関連性を分子レベルで定量的・包括的に理解する研究を進めています。

具体的には、①グラム陰性細菌の薬剤耐性メカニズム、②原始的葉緑体の外膜の基本機能とその分子機構、③ルーメン(反芻動物第一胃)細菌の外膜構造と機能、を研究課題として取り組んでいます。

(詳細: http://www.ige.tohoku.ac.jp/tekio/wordpress/wp-ontent/themes/lsab_wp/img/Kojima_HP/kojima.html)  

メッセージ

「神を探して空を見上げる人がいるが、大地を見下ろして植物が育つところをよく見ろと言いたい。そこで神が見つかるんだ。」とは、緑の革命を先導し 1970 年にノーベル平和賞を受賞したノーマン・ボーローグ博士の祖父ニルスの言葉です。とても含蓄のある言葉だと思っています。一歩一歩着実に、知識、教養、専門性の根を伸ばしていきたいと思っています。

Twitter @TohokuU_Lifesci