分子生命科学専攻 : (協力講座)生体機能分子科学講座

生体機能分子解析 分野

oikawa_picture
小井川 浩之
キャンパス 片平 キャンパス
専攻分野 生物物理、一分子分光
連絡先 022-217-5843
E-mail h_oikawaattagen.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/takahashi-s/

学生の頃から装置開発が好きで、光学測定とプログラミングによるデータ解析自動化を組み合わせて一分子を検出する装置の開発を行ってきました。

経歴

東京工業大学理学部物理学科卒業、東京工業大学大学院理工学研究科物性物理学専攻修士課程修了、同博士課程修了・博士(理学)、大阪大学蛋白質研究所・特任研究員、東北大学多元物質科学研究所・博士研究員を経て、2015年より現職。

著書・論文

Hiroyuki Oikawa, Kiyoto Kamagata ,Munehito Arai, and Satoshi Takahashi “Complexity of the Folding Transition of the B domain of Protein A Revealed by the High-Speed Tracking of Single-Molecule Fluorescence Time Series” J. Phys. Chem. B, 119, 6081-6091 (2015)

Hiroyuki Oikawa, Yuta Suzuki, Masataka Saito, Kiyoto Kamagata, Munehiro Arai, and Satoshi Takahashi “Microsecond dynamics of an unfolded protein by a line confocal tracking of single molecule fluorescence” Sci. Rep. 3, 2151, (2013)

Daisuke Uchiyama, Hiroyuki Oikawa, Kohei Otomo, Mamoru Nango, Takehisa Dewa, Satoru Fujiyoshi, and Michio Matsushita “Reconstitution of bacterial photosynthetic unit in a lipid bilayer studied by single-molecule spectroscopy at 5 K”, Phys. Chem. Chem. Phys., 13, 11615-11619 (2011)

Hiroyuki Oikawa, Satoru Fujiyoshi, Takehisa Dewa, Mamoru Nango, and Michio Matsushita “How Deep Is the Potential Well Confining a Protein in a Specific Conformation? A Single-Molecule Study on Temperature Dependence of Conformational Change between 5 and 18 K. “ J. Am. Chem. Soc., 130, 4580-4581. (2008)

所属学会

日本生物物理学会、日本蛋白質科学会、分子科学会

最近の研究について

蛍光色素で標識したタンパク質一分子の折り畳み運動を、私達が開発した独自の装置によってマイクロ秒の時間分解能で追跡しています。

メッセージ

私達と一緒に、独自の測定手法で生体高分子の一分子ごとに違う個性をとらえてみませんか。 

Twitter @TohokuU_Lifesci