分子生命科学専攻 : (協力講座)生体機能分子科学講座

生体機能分子設計 分野

p_watabe
渡部 聡
キャンパス 片平 キャンパス
専攻分野 生体機能分子設計分野
連絡先 022-217-5605
E-mail stwata@tagen.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.tagen.tohoku.ac.jp/labo/inaba/
経歴

京都大学理学部理学科卒
京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学
京都大学博士(理学)取得 
理化学研究所播磨研究所・研究員,京都大学大学院理学研究科・特定研究員を経て、13年より現職

著書・論文

Taiga Tominaga, Satoshi Watanabe, Rie Matsumi, Huyuki Atomi, Tadayuki Imanaka and Kunio Miki “Crystal structures of the carbamoylated and cyanated forms of HypE for [NiFe] hydrogenase maturation.” Proc Natl Acad Sci U S A. 110(51):20485-20490 (2013)

Satoshi Watanabe, Rie Matsumi, Haruyuki Atomi, Tadayuki Imanaka and Kunio Miki  “Crystal structures of the HypCD complex and the HypCDE ternary complex: transient intermediate complexes during [NiFe] hydrogenase maturation” Structure 20, 2124-2137 (2012)

Satoshi Watanabe, Takayuki Arai, Rie Matsumi, Haruyuki Atomi, Tadayuki Imanaka and Kunio Miki“Crystal structure of HypA, a nickel binding metallochaperone for [NiFe] hydrogenase maturation” J. Mol. Biol. 394, 448-459 (2009)

Satoshi Watanabe, Akiko Kita, Kazuo Kobayashi and Kunio Miki “Crystal structure of the [2Fe-2S] oxidative-stress sensor SoxR bound to DNA” Proc Natl Acad Sci U S A, 105, 4121-4126 (2008)

Satoshi Watanabe, Rie Matsumi, Takayuki Arai, Haruyuki Atomi, Tadayuki Imanaka and Kunio Miki  “Crystal structures of [NiFe] hydrogenase maturation proteins, HypC, HypD, and HypE: insights into the cyanation reaction by thiol redox signaling” Molecular Cell, 27, 29-40  (2007)

所属学会

日本蛋白質科学会,日本結晶学会,日本生化学会,日本生物物理学会

最近の研究について

 タンパク質の働きを深く理解するためには、タンパク質の立体構造を原子レベルにおいて「目で見ること」が必要です。X線結晶構造解析は、立体構造を解明する上で最も強力な手法です。現在は、小胞体におけるカルシウムイオン制御機構や、金属タンパク質の成熟化機構について,X線結晶構造解析を基盤にした研究を行っています。特に、生体内で一時的に形成されるタンパク質複合体について、結晶構造解析によって立体構造を明らかにし、タンパク質同士がどのように連係し機能しているかを解明することを目指しています.

メッセージ

 研究を通して、サイエンスの面白さや、研究の醍醐味を体感しながら、どの分野に進んでも通用する基礎力を培って欲しいと思います。

Twitter @TohokuU_Lifesci