生命機能科学専攻 : 脳機能解析構築学講座

神経行動学 分野

yamagata
山方 恒宏
キャンパス 片平 キャンパス
専攻分野 神経行動学
連絡先 022-217-6224
E-mail yamagata@m.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.lifesci.tohoku.ac.jp/neuroethology/

元々、昆虫の変わった行動に惹かれてこの研究分野に入りました。遺伝学を駆使したショウジョウバエの行動解析に加え、将来的には他の昆虫との行動学的、生理学的比較研究ができればと考えています。

経歴 東北大学理学部生物学科卒業、同大学院博士課程修了・博士(生命科学)。
Fondation Fyssen Post-doctoral study grants 博士研究員(フランス国立科学研究センター)、Humboldt Research Fellowships 博士研究員、日本学術振興会海外特別研究員(ドイツMax-Planck Institute of Neurobiology)を経て、2013年10月より 東北大学生命科学研究科助教
著書・論文 (最近の主な論文)
  1. Liu C, Plaçais PY, Yamagata N, Pfeiffer BD, Aso Y, Friedrich AB, Siwanowicz I, Rubin GM, Preat T, Tanimoto H. A subset of dopamine neurons signals reward for odour memory in Drosophila. Nature. 488:512-6 2012
  2. Mota T, Yamagata N, Giurfa M, Gronenberg W, Sandoz JC. Neural organization and visual processing in the anterior optic tubercle of the honeybee brain. J. Neurosci. 10;31(32):11443-56 2011
  3. Yamagata N, Mizunami M. Spatial representation of alarm pheromone information in a secondary olfactory centre in the ant brain. Proc. Biol. Sci. 277(1693):2465-74 2010
  4. Yamagata N, Schmuker M, Szyszka P, Mizunami M, Menzel R. Differential odor processing in two olfactory pathways in the honeybee. Front. Syst. Neurosci. 3:16 2009
所属学会 日本比較生理生化学会、日本動物学会、日本ショウジョウバエ研究会、 International Society for Neuroethology

メッセージ

ショウジョウバエの脳内において、報酬情報を伝達するドーパミン細胞の機能解析を行動学的に実施しています。最近、ハエ脳内において、短期記憶と長期記憶を独立に駆動するドーパミン細胞群を見出しました。現在は、それぞれの記憶を誘導するために必要十分な神経細胞を見つけるべく、研究中です。

Twitter @TohokuU_Lifesci