1-1sasaki
佐々木 誠
キャンパス 片平 キャンパス
専攻分野 有機化学、天然物合成化学
連絡先 022-217-6212
E-mail masasaki@m.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.agri.tohoku.ac.jp/kanshoku/

有機合成化学(ものづくり)を基盤にして,海洋生物が作る複雑な天然物の謎(生物活性など)を解き明かし,新たな生命科学研究へと貢献することを目指しています。

経歴
1984年 東京大学理学部化学科卒業
1986年 同大学大学院理学系研究科化学専門課程修士課程修了
1989年 同大学大学院理学系研究科化学専門課程博士課程修了(理学博士)
通商産業省工業技術院化学技術研究所(現、独立行政法人産業技術総合研究所)研究員
1991年 東京大学理学部化学科助手
1993年 同大学大学院理学系研究科化学専攻助手
1999年 同講師
2001年 東北大学大学院生命科学研究科助教授
東北大学大学院理学系研究科助教授(併任)
2002年 東北大学大学院生命科学研究科教授(現職)
第23回(平成17年度)日本化学会学術賞受賞
2013年度有機合成化学協会企業冠賞 第一三共・創薬有機化学賞受賞
著書・論文 著書
  1.  巨大ポリエーテル天然物・ギムノシン−Aの全合成、天然物合成の最新動向(北泰行監修)、pp 228-243 (2009).
  2.  ポリ環状エーテルの合成、天然物化学-海洋生物編-(山村庄亮、長谷川宏司、木越英夫編著、アイピーシー出版)、pp 314-322 (2008). Recent advances in total synthesis of marine polycyclic ethers.
  3. In Topics in Heterocyclic Chemistry, Vol. 5: Marine Natural Products, ed. by H. Kiyota, Springer, pp 149-178 (2006). 他
論文
  1. Total synthesis and biological evaluation of (+)-gambieric acid A and its analogues. Chem. Eur. J. 2013, 19, 5276.
  2. Total synthesis and complete stereostructure of gambieric acid A. J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 11984.
  3. Design and synthesis of skeletal analogues of gambierol: Attenuation of amyloid-b and tau pathology with voltage-gated potassium channel and N-methyl-D-aspartate receptor implications. J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 7467.
  4. Total synthesis of (–)-brevenal: A streamlined strategy for practical synthesis of polycyclic ethers. Chem. Eur. J. 2011, 17, 13754.
  5. A concise total synthesis of (+)-neopeltolide.
 Angew. Chem., Int. Ed. 2010, 49, 3041. Total synthesis of (+)-neopeltolide. Angew. Chem. Int. Ed. 2008, 47, 4737.
  6. Convergent strategies for the total synthesis of polycyclic ether marine metabolites. Nat. Prod. Rep. 2008, 25, 401.
  7. Rapid and efficient total synthesis of dysiherbaine and analogues to explore structure-activity relationships. J. Org. Chem. 2008, 73, 264.
  8. Development and application of convergent strategy for total synthesis of polycyclic ether natural products. Bull. Chem. Soc. Jpn. (Award Article), 2007, 80, 856. 他
所属学会 日本化学会、アメリカ化学会、日本農芸化学会、有機合成化学協会
担当講義 化学C(農学部1年),生命有機化学(農学部3年) 生命構造化学特論,分子生命科学特論(大学院)

最近の研究について

強力な抗真菌活性を有する巨大ポリ環状エーテル天然物ガンビエル酸類,細胞骨格タンパク質アクチンに作用するポリエーテルマクロリド・ゴニオドミンA,強力な抗ガン活性を示すマクロリド天然物アンフィジノリドNなどの海洋天然物の全合成と立体構造決定、機能解明に取り組んでいます。

Twitter @TohokuU_Lifesci