生態システム生命科学専攻 : 環境遺伝生態学講座

宇宙環境適応生態 分野

3-15fujii
藤井 伸治
キャンパス 片平 キャンパス
専攻分野 分子生物学
連絡先 022-217-5717
E-mail nobuharuatige.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.ige.tohoku.ac.jp/tekio/
経歴
平成元年3月 筑波大学第2学群生物学類卒業
平成4年4月 日本学術振興会特別研究員(DC1)
平成7年3月 東京大学大学院理学系研究科博士課程・博士(理学)修得
平成7年4月 東北大学大学院遺伝生態研究センター助手
平成10年 文部省在外研究員 (創造開発研究)アメリカ合衆国ミズーリ大学・生化学教室
平成11年 文部省在外研究員 アメリカ合衆国ミズーリ大学・生化学教室
平成13年〜現在 東北大学大学院生命科学研究科助教授
著書・論文
  1. Saito Y, Yamasaki S, Fujii N, Takahashi H. Possible involvement of CS-ACS1 and ethylene in auxin-induced peg formation of cucumber seedlings. 2005 Ann Bot. 95 (3): 413-422.
  2. Saito Y, Yamasaki S, Fujii N, Hagen G, Guilfoyle T, Takahashi H. Isolation of cucumber CsARF cDNAs and expression of the corresponding mRNAs during gravity-regulated morphogenesis of cucumber seedlings. 2004. The Journal of Experimental Botany 55 (401): 1315-1323.
  3. Kamada M, Yamasaki S, Fujii N, Higashitani A, Takahashi H. Gravity-induced modification of auxin transport and distribution for peg formation in cucumber seedlings: possible roles for CS-AUX1 and CS-PIN1. Planta 218: 15-26. 2003.
  4. Yamasaki S, Fujii N, Takahashi H. Characterization of ethylene effects on sex determination in cucumber plants. 2003. Sexual Plant Reproduction 44 (2): 103-111.
  5. Yamasaki S, Fujii N, Takahashi H. Photoperiodic regulation of CS-ACS2, CS-ACS4 and CS-ERS gene expression contributes to the femaleness of cucumber flowers through diurnal ethylene production under short-day conditions. 2003. Plant, Cell and Environment. 26 (4): 537-546.
  6. Mizuno H, Kobayashi A, Fujii N, Yamashita M, Takahashi H. Hydrotropic response and expression pattern of auxin-inducible gene, CS-IAA1, in the primary roots of clinorotated cucumber seedlings. 2002. Plant Cell Physiol. 43 (7): 793-801.
  7. Yamasaki S, Fujii N, Matsuura S, Mizusawa H, Takahashi H. The M locus and ethylene control sex determination in andromonoecious cucumber plants. 2001. Plant Cell Physiol. 42 (6): 608-619.
所属学会 日本宇宙生物科学会,日本植物生理学会,日本植物学会
担当講義 生態学合同講議,宇宙生物科学特論,生物科学B

最近の研究について

ペグ形成開始時のオーキシン誘導性遺伝子CsIAA1の発現.矢尻で示したTR領域の下側でCsIAA1の発現が多い.gは重力方向を示す

種子を水平に置き発芽させたキュウリの芽ばえは,ペグと呼ばれる突起状組織を胚軸と根の境界領域 (TR領域) の下側に形成する.ペグ形成を誘導するオーキシンに注目し,オーキシン誘導遺伝子がペグ形成開始時に重力刺激に応答してTR領域の下側に多く発現すること を明らかにしてきた (図).現在,重力刺激に応答したオーキシン分布の制御と,偏差的に分布したオーキシンがペグ形成の誘導を制御する機構の解明を行っている.また, 2004年から分子遺伝学手法を用いたシロイヌナズナの根の重力感受機構に関する研究を開始しました.

メッセージ

当研究分野では,全国から大学院入学希望者を募集していますので,大学院入学希望者は,お問い合わせ下さい

Twitter @TohokuU_Lifesci