生態システム生命科学専攻 : 環境遺伝生態学講座

ゲノム継承システム 分野

3-7satou
佐藤 修正
キャンパス 片平 キャンパス
専攻分野 分子生物学、ゲノム構造機能学
連絡先 022-217-5688
E-mail shuseisatige.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.ige.tohoku.ac.jp/genome/index.htm
ResearcherID: A-3616-2015
 大阪生まれの名古屋育ちですが、縁あって父の故郷の宮城に来ることができました。千葉にいる間は中日ドラゴンズファンを通したのですが、こちらに来てすっかり東北楽天ゴールデンイーグルス(のファン?)に魅了され、自分の中に東北人の血が流れているのを日々感じています。
経歴

1993年3月 名古屋大学大学院理学研究科 博士課程修了(博士(理学))

1993年4月-2013年3月 かずさDNA研究所 植物ゲノム研究部 研究員

(1998年-99年 カリフォルニア大学サンディエゴ校 客員研究員)

2013年4月-現在 東北大学 大学院生命科学研究科 准教授

著書・論文 過去3年間の主な論文
  1. Kasai-Maita H, Hirakawa H, Nakamura Y, Kaneko T, Miki K, Maruya J, Okazaki S, Tabata S, Saeki K, Sato S. (2013) Commonalities and differences among symbiosis islands of three Mesorhizobium loti strains. Microbes Environ. 28: 275-278. 
  2. Okazaki S, Kaneko T, Sato S, Saeki K. (2013) Hijacking of leguminous nodulation signaling by the rhizobial type III secretion system. Proc Natl Acad Sci U S A 110: 17131-17136 
  3. Tominaga-Wada R, Nukumizu Y, Sato S, Wada T. (2013) Control of plant trichome and root-hair development by a tomato (Solanum lycopersicum) R3 MYB transcription factor. PLoS One. 8: e54019 
  4. Tomato Genome Consortium. (Sato S, Tabata S, Hirakawa H, et al.) (2012) The tomato genome sequence provides insights into fleshy fruit evolution. Nature 485: 635-641. 
  5. Fukai E, Soyano T, Umehara Y, Nakayama S, Hirakawa H, Tabata S, Sato S, Hayashi M. (2012) Establishment of a Lotus japonicus gene tagging population using the exon-targeting endogenous retrotransposon LORE1. Plant J. 69: 720-730
  6. Hirakawa H, Tsuchimoto S, Sakai H, Nakayama S, Fujishiro T, Kishida Y, Kohara M, Watanabe A, Yamada M, Toyoda A, Fujiyama A, Tabata S, Fukui K, Sato S (2012) Upgraded genomic information of Jatropha curcas L. Plant Biotech. 29: 123-130 
  7. Kaneko T, Maita H, Hirakawa H, Uchiike N, Minamisawa K, Watanabe A, Sato S. (2011) Complete genome sequence of the soybean symbiont Bradyrhizobium japonicum strain USDA6T. Genes 2: 763-787. 
  8. Hirakawa H, Nakamura Y, Kaneko T, Isobe S, Sakai H, Kato T, Hibino T, Sasamoto S, Watanabe A, Yamada M, Nakayama S, Fujishiro T, Kishida Y, Kohara M, Tabata S, Sato S. (2011) Survey of the genetic information carried in the genome of Eucalyptus camaldulensis. Plant Biotech. 28: 471–480. 
  9. Sato S, Hirakawa H, Isobe S, Fukai E, Watanabe A, Kato M, Kawashima K, Minami C, Muraki A, Nakazaki N, Takahashi C, Nakayama S, Kishida Y, Kohara M, Yamada M, Tsuruoka H, Sasamoto S, Tabata S, Aizu T, Toyoda A, Shin-I T, Minakuchi Y, Kohara Y, Fujiyama A, Tsuchimoto S, Kajiyama S, Makigano E, Ohmido N, Shibagaki N, Cartagena JA, Wada N, Kohinata T, Atefeh A, Yuasa S, Matsunaga S, Fukui K. (2011) Sequence Analysis of the Genome of an Oil-Bearing Tree, Jatropha curcas L. DNA Res.18: 65-76.
所属学会 日本分子生物学会、日本植物生理学会、植物微生物研究会、日本ゲノム微生物学会
担当講義 ゲノム継承システム学特論(大学院生命科学研究科)、 生態学合同講義(大学院生命科学研究科)、生命科学B(全学教育)

最近の研究について

かずさDNA研究所時代は、シロイヌナズナ、ミヤコグサ、トマトなどの植物とラン藻、根粒菌などの微生物のゲノム配列解析と遺伝子機能の大規模解析を行ってきました。東北大では、これまで蓄積してきたゲノム情報やリソースを活用して、主にマメ科植物を用いて自然変異による環境適応メカニズムの解析に取り組んでいます。また、根粒菌の遺伝的多様性獲得機構や、宿主との相互作用の多様性についても研究を進めています。

メッセージ

木原均博士の残した言葉「地球の歴史は地核の層にあり、すべての生物の歴史は染色体に刻まれている」を胸に、ゲノム情報に向き合っています。多様性の高い先生方や学生さん達と意見を交わし、刺激し合いながら研究を進められる環境をありがたく感じています。

Twitter @TohokuU_Lifesci