GO TOP

教育

バイオ人材育成カリキュラム

バイオ人材育成カリキュラムについて

全専攻共通で実施する講義や、各専攻において培った生命科学全般における基盤知識と高度な専門性を学んだ後に博士の学位を得て、企業、起業、自治体、NGO、研究機関、教育機関など、バイオ産業界や自然や生命を活用した企業等において、実践的かつ指導的立場で活躍でき得る人材の育成を目指すため、平成30年度より「バイオ人材育成カリキュラム」を設けました。

なお、本カリキュラムの要件を満たした学生には、学位授与時に「バイオ人材育成カリキュラム受講証明書」(名称は変更することがあります。)を授与する予定です。

また、本カリキュラムは、上記のような人材育成が目的であり、就職を斡旋・紹介するものではありません。


1. カリキュラム修了要件単位数について
・前期2年の課程
  共通科目A  「生命倫理特論」        1単位
         「研究倫理・社会的責任論」   1単位
  共通科目B  「バイオ産業基礎論」      1単位
         「環境マネジメント講座」    1単位

・後期3年の課程
  専門科目  「イノベーションセミナー」  1単位
        「起業支援論」        2単位
        「バイオ産業実践科目」    2単位

2. バイオ産業実践科目(博士後期3年の課程2年次以上)詳細については、こちらをご覧ください。

3. 博士後期3年の課程から編入学等した学生は、前期2年の課程で提供している科目も必ず受講してください。但し、他大学等にて類似の講義を修得済の場合は、読み替えが可能です。生命科学研究科教務係までご相談ください。

4.本カリキュラムの要件は学位取得要件とは異なります。学位取得要件は、各課程の履修案内を確認してください。