GO TOP

最新情報

職員公募

最新情報

分子化学生物学専攻 教授公募について

分子化学生物学専攻 教授公募について

2018.08.22 12:00
関 係 各 位
 
東北大学大学院生命科学研究科長
東 谷  篤 志
 
 
教授の公募について
 
 拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、当研究科におきましては、分子化学生物学専攻の教授1名を下記の通り公募致します。つきましては、関係者各位へのご周知とともに、適任者のご推薦のほど、お願い申し上げます。
敬具
 
 
 
1.募集人員:教授1名
 
2.所属:東北大学大学院生命科学研究科分子化学生物学専攻
 
3.専門分野および応募資格:人類の健康維持・増進に資するケミカルバイオロジー分野において先導的研究を行い、学部および大学院教育に意欲を持つ方
 
4.担当授業:本大学院のほかに農学部応用生物化学科(生命化学コース)の学部教育を兼務していただきます。また、全学教育科目の担当をお願いする場合があります。
 
(参考)農学部応用生物化学科(生命化学コース)
このコースは、食品化学,栄養学,天然物生命化学,機能分子解析学,テラヘルツ生物工学,生命構造化学*,分子情報化学*,活性分子動態*,応用生命分子解析*の9研究室からなり、主として化学を基盤とした手法により、食品や天然物、そのもとになる生物を構成する分子の構造や特性,さらにはこれらがヒトや動物体内に取り込まれたときの栄養生理や機能性についての教育と研究を行なっている。(*をつけた4研究室は、生命科学研究科教員が協力分野として担当している。)
 
5.着任時期:2019年4月1日(予定)
 
6.提出書類
次の書類の印刷物(各一部)とPDFファイルをUSBメモリに保存したものを提出してください。
 
(1)履歴書(本学様式を利用)
   http://www.bureau.tohoku.ac.jp/kenkyo/bosyu/employ20180118_02.xlsx
 
(2)研究業績リスト
原著論文、総説、著書、特許、招待講演の項目に分けて記載。原著論文と総説については、連絡著者(*印)と筆頭著者(†印)を付記し、さらに各リストの冒頭に「連絡著者を務めた論文○報、筆頭著者論文○報」のように合計数を記載すること。
 
(3)論文別刷(主な原著論文10編以内)の内容解説(論文あたり200字程度)
   解説した主要論文のPDFファイルも提出のこと(印刷物の提出は不要)。
 
(4)これまでの研究内容(2,000字程度)
 
(5)これまでの教育実績(研究指導した学生、担当した講義・実習)
 
(6)着任後の研究・教育計画(2,000字程度)
 
(7)過去10年間程度の研究費採択状況(代表者,分担者の別を明記;
   代表者の場合は総額を、分担者の場合は配分額を記載)
 
(8)その他(受賞、学会活動、シンポジウムの主催など)参考となるもの
 
(9)応募者について問い合わせのできる方2名以上の氏名、所属、連絡先
 
7.応募締切日:2018年10月26日(金)(消印有効)
 
8.書類提出先:〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1
 東北大学大学院生命科学研究科 総務係長 奈須野 雅世 宛て
(「教員(農学部兼務)応募書類在中」と朱書きし、配達記録が残る方法で送付ください。なお、応募書類の返却は致しません。)
 
9.問い合わせ先:分子化学生物学専攻教授選考委員会委員長 有本博一
     電話 022-217-6201, hirokazu.arimoto.c7@tohoku.ac.jp
 
 
10. その他:着任後、助教1名を配置する予定です。
本研究科に関する詳細はホームページ(https://www.lifesci.tohoku.ac.jp/)をご覧ください。なお本人事は「男女共同参画」の理念に基づくものです。
 
                                     以上