GO TOP

研究分野

生態発生適応科学専攻 :
生態ダイナミクス講座

研究

水圏生態 分野

水圏生態 分野

 生物の生理生態的特性や生物種間相互作用を分子生態、生態化学量論や栄養動態理論の観点から解析し、遺伝子から生態系へ至る生態圏過程を統合的に理解することを目的に研究を進めています。特に湖沼・河川や海洋の沿岸域に棲む生物を対象に、生理生態的特性や個体群の遺伝構造、群集栄養構造と物質循環の相互作用の解明などを通じて地球・地域環境変化に対する生物群集と生態系の応答を予測することを目指しています。

研究室URL http://tohokuecology.jp/urabe/JUrabe_lab.html

教員紹介

教授 占部 城太郎
詳細を見る
  • 水界生態系における生物群集の栄養動態と生態化学量論
  • 浮遊生物を対象にした種間関係の環境変化影響と物質循環への波及効果
助教 牧野 渡
詳細を見る
  • 「コスモポリタン的」プランクトンの生活史・遺伝的特性と局所適応