GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
分子ネットワーク講座

研究

大学 保一(兼)

助教 大学 保一(兼)
キャンパス 片平 キャンパス
所属研究室 分子遺伝生理
連絡先 022-217-5745
E-mail daigaku@tohoku.ac.jp
ホームページ https://www.fris.tohoku.ac.jp/researcher/advanced/daigaku.html

DNA複製機構を研究することにより,突然変異が生成される仕組みの解明を目指しています

経歴

東北大学理学部卒業,東北大学生命科学研究科修了

Cancer Research UK London Research Institute研究員,英国サセックス大学Genome Damage and Stability Centre 研究員を経て,2015年に東北大学学際科学フロンティア研究所に助教として着任.同時に生命科学研究科を兼任.2018年よりJSTさきがけ研究員.

2017年に文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞.2018年に日本遺伝学会奨励賞を受賞.2020年より東北大学ディスティングイッシュトリサーチャーを拝命.

著書・論文
主な原著論文

Y. Nakazawa, Y. Hara, Y. Oka, O.Komine, D. Heuvel#, C.Guo, Y. Daigaku, M. Isono, Y. He, M. Shimada, K. Kato, N. Jia, S. Hashimoto, Y. Kotani, Y. Miyoshi, M. Tanaka, A. Sobue, No. Mitsutake, T. Suganami, A. Masuda, K. Ohno, S. Nakada, T. Mashimo, K. Yamanaka, M.S. Luijsterburg, Tomoo Ogi, Ubiquitination of DNA Damage-Stalled RNAPII Promotes Transcription-Coupled Repair. Cell, 1228-1244, 180, 2020

Z. Shao, S. Niwa, A. Higashitani, Y. Daigaku*, Vital roles of PCNA K165 modification during C. elegans gametogenesis and embryogenesis. DNA Repair, 82, 102688, 2019

N. García-Rodríguez, M. Morawska, R. P. Wong, Y. Daigaku, H. D. Ulrich, Spatial separation between replisome- and template- induced replication stress signalling, EMBO J. 3, e98369, 2018

 Y. Daigaku*, T.J. Etheridge, Y. Nakazawa, M. Nakayama, A.T. Watson, I. Miyabe, T. Ogi, M.A. Osborne, A.M. Carr*. PCNA ubiquitylation ensures timely completion of unperturbed DNA replication in fission yeast. PLoS Genet 13(5): e1006789, 2017

Y. Daigaku, A. Keszthelyi, C. A. Müller I. Miyabe, T. Brooks, R. Retkute, M. Hubank, C. A. Nieduszyski, A. M. Carr, A  global profile of replicative polymerase usage, Nat. Struct. Mol. Biol. 22, 192–8, 2015

I. Miyabe, K. Mizuno, A. Keszthelyi, Y. Daigaku, M. Skouteri, S. Mohebi, T. A. Kunkel, J. M. Murray, A. M. Carr, Polymerase δ replicates both strands after homologous recombination-dependent fork restart, Nat. Struct. Mol. Biol. 22, 932-938, 2015

Y. Daigaku, A. A. Davies and H. D. Ulrich, Ubiquitin-dependent DNA damage bypass is separable from genome replication. Nature. 465, 951-955, 2010

A. Davies, D. Huttner, Y. Daigaku, S. Chen and H. D. Ulrich, Activation of ubiquitin-dependent DNA damage bypass is mediated by replication protein A. Mol Cell. 29, 625-636, 2008

 

総説

Y. Daigaku, Roadworks of DNA Damage Bypass during and after Replication, Genes and Environment. 34, 77-88, 2012 

 

その他の業績はreseachmapを参照してください. https://researchmap.jp/7000012656

所属学会

日本遺伝学会,分子生物学会

最近の研究について

遺伝情報の誤りである突然変異は生物の多様性を生む要素であるとともに,我々の様々な疾病の原因となります.突然変異の主な原因はDNA複製中に発生するエラーです.DNA合成反応を行うDNAポリメラーゼの機能に焦点を当てた研究を実施し,複製エラーが起きる仕組みを探求します.真核生物には,それぞれ正確性・反応効率が異なる15種類のDNAポリメラーゼが存在し,それらが形成する機能面でのネットワークの解明を分裂酵母,および,哺乳類細胞を使用し行っています.また,ヒトを含む哺乳類生物では,複製開始反応などの制御機構が明らかになっていません.多様な構造を持つ大きなゲノムDNAを効率的に複製するために複製機構がもつフレキシブルな機構を明らかにします.