GO TOP

研究分野

生態発生適応科学専攻 :
個体ダイナミクス講座

研究

中嶋 悠一朗(兼)

助教 中嶋 悠一朗(兼)
キャンパス 青葉山 キャンパス
所属研究室 組織形成
連絡先 022-795-6701
E-mail yuichiro.nakajima.d2@tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.fris.tohoku.ac.jp/researcher/creative/nakajima.html https://twitter.com/nyuichiro97 https://scholar.google.co.jp/citations?user=AYdMFUgAAAAJ&hl=ja https://researchmap.jp/7000020936/
学際科学フロンティア研究所と兼任しています。ショウジョウバエや小型のクラゲを用いて、体の恒常性を維持する仕組みや病態発症メカニズム、そして環境変化に対する応答について研究しています。
東京(大学・大学院)、アメリカ・カンザスシティ(博士研究員)、仙台(現職)と研究場所を移してきましたが、一貫して「細胞の振る舞いから生命現象を理解する」アプローチをとっています。

 
経歴
2006年 3月 東京大学薬学部薬学科 卒業
2006年 4月~2008年 3月 東京大学大学院薬学系研究科生命薬学専攻 修士課程 (三浦正幸教授)
2008年 4月~2011年 3月 東京大学大学院薬学系研究科統合薬学専攻 博士課程 (三浦正幸教授)
(2008年 4月~2011年 3月  日本学術振興会特別研究員DC1)
2011年 4月~2011年 5月  東京大学大学院薬学系研究科  特任研究員
2011年 5月~2014年 3月 米国ストワーズ医学研究所 博士研究員(Dr. Matthew Gibson lab)
2014年 4月~2016年 3月 日本学術振興会海外特別研究員・米国ストワーズ医学研究所(Dr. Matthew Gibson lab)
2016年 4月~東北大学 学際科学フロンティア研究所 新領域創成研究部・助教(大学院生命科学研究科・助教を兼任

 
著書・論文
  1. Fujita S, Kuranaga E, and *Nakajima Y. “Cell proliferation controls body size growth, tentacle morphogenesis, and regeneration in hydrozoan jellyfish Cladonema pacificumPeerJ. 7: e7579, 2019.
  2. *Nakajima Y, Lee ZT, McKinney SA, Swanson SK, Florens L, Gibson MC. “Junctional tumor suppressors interact with 14-3-3 proteins to control planar spindle alignment” Journal of Cell Biology. 218(6):1824-1838, 2019.
  3. *Nakajima Y. “Mitotic spindle orientation in epithelial homeostasis and plasticity” The Journal of Biochemistry, 164(4): 277-284, 2018.
  4. *Nakajima Y, and Kuranaga E. “Caspase-dependent non-apoptotic processes in development” Cell Death & Differentiation, 24(8): 1422-1430, 2017.
  5. Kawamoto Y, Nakajima Y, and Kuranaga E. “Apoptosis in Cellular Society: Communication between Apoptotic Cells and Their Neighbors” International Journal of Molecular Sciences, 17(12), pii: E2144, 2016.
  6. Nakajima Y, and Gibson MC. “Developmental Patterning: Putting the Squeeze on Mis-specified Cells” Current Biology, 26 (5): R204-206, 2016.
  7. Nakajima Y, and Gibson MC. “Epithelial cell division: aurora kicks lgl to the cytoplasmic curb” Current Biology, 25 (1): R43-45, 2015.
  8. Yamaguchi Y., Kuranaga E., Nakajima Y., Koto A., Takemoto K., and Miura M. “In vivo monitoring of caspase activation using a fluorescence resonance energy transfer-based fluorescent probe” Methods in Enzymology, 544: 299-325, 2014.
  9. Nakajima Y., Meyer EJ., Kroesen A., McKinney SA. and Gibson MC. “Epithelial junctions maintain tissue architecture by directing planar spindle orientation”  Nature, 500 (7462): 359-62, 2013. Highlighted by Nicola McCarthy, “In the plane.” Nature Reviews Cancer, 13, 606–607 (2013). Recommended by Faculty of 1000. 
  10. Nakajima Y., Kuranaga E., Sugimura K., Miyawaki A. and Miura M. Nonautonomous Apoptosis is Triggered by Local Cell Cycle Progression during Epithelial Replacement in Drosophila” Molecular and Cellular Biology, 31(12): 2499-2512, 2011.  Recommended by Faculty of 1000.
所属学会
日本分子生物学会、日本発生生物学会、米国遺伝学会
担当講義
分子細胞生物学(講義の1部を担当:2年生対象), 全学教育の基礎ゼミ(Interdisciplinary Sciences 〜分野を飛び超えて大学での学びを広げよう〜:1年生対象)

最近の研究について

遺伝子の変異や外界からの刺激(ストレス・損傷)、温度や栄養をはじめとした環境変化といった摂動に対して、多細胞動物がどのように応答して恒常性を維持するのか、そして病態をはじめとした劇的な変化を示すのか、それらの仕組みを分子・細胞・個体レベルで理解することを目指しています。遺伝学的ツールが豊富なモデル動物であるショウジョウバエを用いた研究に加えて、環境変化に対して鋭敏な応答を示すクラゲ類を用いた研究を展開しています。

メッセージ

われわれの体が細胞から構成されているように、細胞は生物の最も基本的な単位です。研究開始以来、組織や器官といった多様な細胞から形成される「細胞社会」における細胞の振る舞いに魅了されてきました。細胞の振る舞いを丹念な観察と操作によって紐解くことで、生命現象を理解することを目指しています。一緒に研究してみたい方、われわれの研究に興味がある方は遠慮なく連絡ください。