GO TOP

研究分野

脳生命統御科学専攻 :
神経ネットワーク講座

研究

安齋 賢

助教 安齋 賢
キャンパス 片平 キャンパス
所属研究室 分子行動
連絡先 022-217-6219
E-mail satoshi.ansai.e7@tohoku.ac.jp
ホームページ http://satoshi-ansai.github.io/
Google Scholar
 
Researchmap
 
ORCID
 
 主にメダカとその近縁種を材料にして研究しています。近年は、インドネシア・スラウェシ島で著しく多様化したメダカ科固有種群に着目して、なぜ生物が多様化するのか、その進化機構を分子や行動・神経レベルで理解したいと思い、研究を進めています。並行して、メダカ科魚類のゲノム解読やゲノム編集技術を始めとする遺伝子改変技術の開発も進めています。
経歴
2011年    京都大学 農学部 資源生物科学科 卒業
2013年    京都大学大学院 農学研究科 応用生物科学専攻 修士課程修了
2016年    京都大学大学院 農学研究科 応用生物科学専攻 博士後期課程修了 博士(農学)
2016–2017年 国立遺伝学研究所 集団遺伝研究系 生態遺伝学研究部門 日本学術振興会特別研究員 (PD)
2017–2019年 基礎生物学研究所 バイオリソース研究室 助教
2019年–    東北大学大学院 生命科学研究科 助教
著書・論文
1. Ishikawa T*, Ansai S*, Kinoshita M, Mori K. (2018) A Collection of Transgenic Medaka Strains for Efficient Site-Directed Transgenesis Mediated by phiC31 Integrase. G3: Genes, Genomes, Genetics, 8: 2585-2593. (*equally contributed)
 
2. Ansai S, Hosokawa H, Maegawa S, Naruse K, Washio Y, Sato K, Kinoshita M. (2017) Deficiency of serotonin in raphe neurons and altered behavioral responses in tryptophan hydroxylase 2-knockout medaka (Oryzias latipes). Zebrafish, 14: 495-507.
 
3. Murakami Y, Ansai S, Yonemura A, Kinoshita M. (2017) An efficient system for homology-dependent targeted gene integration in medaka (Oryzias latipes). Zool. Lett., 3: 10.
 
4. Ansai S, Hosokawa H, Maegawa S, Kinoshita M. (2016) Chronic fluoxetine treatment induces anxiolytic responses and altered social behaviors in medaka, Oryzias latipes. Behav. Brain Res., 303C: 126-136.
 
5. Ansai S, Kinoshita M. (2014) Targeted mutagenesis using CRISPR/Cas system in medaka. Biol. Open, 3: 362-371.
 
6. Ansai S, Inohaya K, Yoshiura Y, Schartl M, Uemura N, Takahashi R, Kinoshita M. (2014) Design, evaluation, and screening methods for efficient targeted mutagenesis with TALENs in medaka. Dev., Growth Differ. 56: 98-107.
 
7. Ansai S, Sakuma T, Yamamoto T, Ariga H, Uemura N, Takahashi R, Kinoshita M. (2013) Efficient targeted mutagenesis in medaka using custom-designed transcription activator-like effector nucleases (TALENs). Genetics, 193: 739-749.
 
8. Ansai S, Ochiai H, Kanie Y, Kamei Y, Gou Y, Kitano T, Yamamoto T, Kinoshita M. (2012) Targeted disruprion of exogenous EGFP gene in medaka using zinc-finger nucleases. Dev. Growth Differ., 54: 546-556.
所属学会
日本動物学会, 日本進化学会, 日本生態学会, 日本水産学会

最近の研究について

 インドネシア・スラウェシ島のメダカ固有種群が示す様々な多様性のうち、雄の婚姻色に着目してその分子基盤を調べています。まず、南東部の離島に生息するウォウォールメダカが有する特徴的な婚姻色である赤色の胸鰭について、その原因となる遺伝子を同定しました。また、赤色素胞を欠損する原因遺伝子の変異体を用いた配偶行動実験から、雄の赤色婚姻色が雌の配偶者選択に何らかの影響を与えることも明らかにしました。

メッセージ

 室内での遺伝子工学実験と野外でのフィールドワークの両面から、生物の進化・多様化メカニズムを理解したいと思っています。興味のある方はお気軽にお尋ねください。