GO TOP

研究分野

生態発生適応科学専攻 :
多様性ダイナミクス講座

研究

藤本 心太

助教 藤本 心太
キャンパス 浅虫 キャンパス
所属研究室 海洋生物多様性
連絡先 017-752-3388
E-mail shinta.fujimoto.c4@tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.biology.tohoku.ac.jp/lab-www/asamushi/sfujimoto.html http://www.water-bears.com/
 
海の砂のすきまには,透明でガラス細工のように美しく,また不思議な形をした動物たちが棲息しています.私はこれら動物に魅せられ,今に至ります.
経歴
2016 京都大学大学院理学研究科 博士後期課程修了 博士(理学)
           [2013-2016 日本学術振興会特別研究員DC1]
2016- 浅虫海洋生物学教育研究ンセンター 助教
著書・論文
【著書】
Schmidt-Rhaesa A (ed) Guide to the Identification of Marine Meiofauna. Verlag Dr. Friedrich Pfeil, München. 608 pp. [分担執筆:Fujimoto, S. & Kristensen, R.M. (2020) Loricifera. 415-427.]
 
公益社団法人日本動物学会編(2018)動物学の百科事典.丸善出版800 pp. [分担執筆:藤本心太 有爪動物・緩歩動物(2ページ分)]
 
【論文】
  1. Fujimoto, S. & Jimi, N. (2020) A new marine tardigrade genus and species (Arthrotardigrada, Styraconyxidae) with unique pockets on the legs. Zoosystematics and Evolution.96: 115-122.
  2. Fujimoto, S. & Ohtsuka, S. (2019) A new genus and species of Stygarctidae (Heterotardigrada: Arthrotardigrada) from Yaku-Shin-Sone bank (Northwest Pacific). Marine Biodiversity 49: 2445–2454.
  3. Fujimoto, S. & Hansen, J.G. (2019) Revision of Angursa (Arthrotardigrada: Styraconyxidae) with the description of a new species from Japan. European Journal of Taxonomy 510: 1–19.
  4. Fujimoto, S. (2018) A New Species of Tanarctus (Heterotardigrada: Arthrotardigrada: Tanarctidae) from Oku-Matsushima, Japan. Species Diversity 23: 209–213.
  5. Fujimoto, S., Jørgensen, A. & Hansen, J.G. (2017) A molecular approach to arthrotardigrade phylogeny (Heterotardigrada, Tardigrada). Zoologica Scripta 46: 496–505.
  6. Fujimoto, S. & Yamasaki, H. (2017) A new species and genus of Renaudarctidae (Heterotardigrada; Arthrotardigrada) from Ryukyu Archipelago. Marine Biology Research 13: 288–299.
  7. Fujimoto, S. (2015b) Quisarctus yasumurai gen. et sp. nov. (Arthrotardigrada: Halechiniscidae) from a submarine cave, off Iejima, Ryukyu Islands, Japan. Zootaxa 3948 (1): 145–150.
  8. Fujimoto, S. (2015a) Halechiniscidae (Heterotardigrada, Arthrotardigrada) of Oura Bay, Okinawajima, Ryukyu Islands, with descriptions of three new species. ZooKeys 483: 149–166.
  9. Fujimoto, S. (2014) A new Stygarctus (Arthrotardigrada: Stygarctidae) from Japan, with entangled seminal receptacle ducts. Zootaxa 3784 (2): 187-195.
  10. Fujimoto, S., Miyazaki, K., Suzuki, A.C. (2013) A new marine tardigrade, Tanarctus diplocerus (Arthrotardigrada: Halechiniscidae) from Japan. Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom 93(4): 955–961.
  11. Fujimoto, S., Miyazaki, K. (2013) Neostygarctus lovedeluxe n. sp. from the Miyako Islands, Japan: The first record of Neostygarctidae (Heterotardigrada: Arthrotardigrada) from the Pacific. Zoological Science 30: 414–419.
など.
 
所属学会
日本動物学会 日本動物分類学会 日本メイオファウナ研究会
担当講義
公開実習「北の海,潮間帯のフィールド生物学」
国際臨海実習「Shinkishi Hatai International Marine Biology Course」

最近の研究について

胴甲動物門の系統分類学的研究
1983年に記載された胴甲動物門Loriciferaはその希少性と複雑な生活史のため,分類学的研究が遅れています.日本産種を中心にこれを進めていきたいと考えています.
 
ジクユビクマムシ科の系統進化
海産クマムシ類の科の中でもジクユビクマムシ科Styraconyxidaeは砂浜から深海まで仲間がおり,形態的多様性が高く,クマムシ類には珍しい寄生性種まで含む興味深いグループです.科内の系統関係(類縁関係)と形態進化を明らかにするため,形態と分子の両面から研究を進めています.
 
海底洞窟とメイオファウナの関係
もともと砂のすきまという暗い環境に棲息する動物(メイオファウナ)にとって海底洞窟は特殊な環境足りえるのか,その条件とは何か,洞窟内外の相の比較などを通して検討を進めています.
 
青森県産メイオファウナの調査
日本全国ほとんどが調査不足のため,浅虫海洋生物学教育研究センターのある青森県でも,太平洋未報告の珍しい属や未記載種と考えられるメイオファウナがみつかります.系統分類学的研究以外の材料にも使いやすいように,研究を進めていきたいと考えています.

メッセージ

研究に限らず,大学生活を通して夢中になれるものをみつけ,それを深められると良いですね.