GO TOP

研究分野

脳生命統御科学専攻 :
細胞ネットワーク講座

研究

本間 悠太

助教 本間 悠太
キャンパス 青葉山 キャンパス
所属研究室 膜輸送機構解析
連絡先 022-795-3641
E-mail y-homma@biology.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.biology.tohoku.ac.jp/lab-www/fukuda_lab/home-ja.html
Google Scholar
 
複雑な生命現象を分子や細胞のレベルで記述する細胞生物学の分野に魅せられ、日々研究をしています。趣味は山歩き、野鳥観察など。
経歴
2018年4月 - 現在            東北大学大学院 生命科学研究科 助教(研究特任)
2015年4月 - 2018年3月 日本学術振興会特別研究員
2014年4月 - 2017年3月 東北大学大学院 生命科学研究科 博士課程
2012年4月 - 2014年3月 東北大学大学院 生命科学研究科 修士課程
2008年4月 - 2012年3月 東北大学 理学部生物学科
著書・論文
Kinoshita R, Homma Y, Fukuda M. Rab35-GEFs, DENND1A and folliculin differentially regulate podocalyxin trafficking in two- and three-dimensional epithelial cell cultures. J. Biol. Chem. 295, 3652-3663 (2020).
 
Homma Y, Kinoshita R, Kuchitsu Y, Wawro PS, Marubashi S, Oguchi ME, Ishida M, Fujita N, Fukuda M. Comprehensive knockout analysis of the Rab family GTPases in epithelial cells. J. Cell. Biol. 218, 2035-2050 (2019).
 
Kuchitsu Y, Homma Y, Fujita N, Fukuda M. Rab7 knockout unveiled regulated autolysosome maturation induced by glutamine starvation. J. Cell Sci. 131, jcs215442 (2018).
 
本間悠太, 福田光則. Rabファミリーによるメンブレントラフィック制御. Dojin Bioscience Series 24「メンブレントラフィック」(福田光則, 吉森保編), 120-132 (2016).
 
Homma Y, Fukuda M. Rabin8 regulates neurite outgrowth in both GEF activity-dependent and -independent manners. Mol. Biol. Cell 27, 2107–2118 (2016).
 
Homma Y, Kanno S, Sasaki K, Nishita M, Yasui A, Asano T, Ohashi K, Mizuno K. Insulin receptor substrate-4 binds to Slingshot-1 phosphatase and promotes cofilin dephosphorylation. J. Biol. Chem. 289, 26302-26313 (2014).
 
Chiba S, Amagai Y, Homma Y, Fukuda M, Mizuno K. NDR2-mediated Rabin8 phosphorylation is crucial for ciliogenesis by switching binding specificity from phosphatidylserine to Sec15. EMBO J. 32, 874-885 (2013).
所属学会
日本分子生物学会、日本細胞生物学会

最近の研究について

真核生物の細胞内には、脂質二重膜に包まれた様々な小胞やオルガネラが存在し、物質のやり取りを行っています。このような「膜交通(メンブレントラフィック)」の制御因子として、Rabファミリー遺伝子が知られていますが、未だにその機能の全容が解明されているわけではありません。私は、近年急速に発展したゲノム編集技術を用いて、約60種類のRab遺伝子の機能を欠失した細胞を作製することで、これらの遺伝子機能を解析しました。その結果、Rab6が分泌経路に必要であることを見出しました(Homma et al., J Cell Biol, 2019)。またこれらの細胞は、他の様々なメンブレントラフィックの研究にも大きく貢献するリソースとなることが期待できます。