GO TOP

研究分野

生態発生適応科学専攻 :
生態ダイナミクス講座

研究

大野 ゆかり

助教 大野 ゆかり
キャンパス 青葉山 キャンパス
所属研究室 統合生態
連絡先 022-795-6696
E-mail yukari.ohno.d2@tohoku.ac.jp
ホームページ https://sites.google.com/view/yukari-suzuki-ohno/home
researchmap
 
W. D. Hamiltonの理論研究に感動して、理論生態学の分野に進みました。モデルによって生物の分布を推定することを中心に研究を行っています。データの収集方法の1つとして、市民参加型調査をしています。
経歴
1997年4月~2001年3月 筑波大学第二学群生物学類
2001年4月~2006年3月 筑波大学大学院生命環境科学研究科博士課程
2006年4月~2008年3月 九州大学大学院理学研究院 学術研究員
2008年4月~2010年3月 東北大学大学院生命科学研究科 博士研究員
2010年4月~2014年4月 東北大学大学院生命科学研究科 日本学術振興会 特別研究員PD
2014年5月~2016年3月 東北大学大学院生命科学研究科 研究支援者
2016年4月~2019年3月 東北大学大学院生命科学研究科 日本学術振興会 特別研究員RPD
2019年4月~10月 東北大学大学院生命科学研究科 学術研究員
2019年10月~2020年5月 東北大学東北アジア研究センター 学術研究員
2020年6月~現在 東北大学大学院生命科学研究科 助教
著書・論文
著書
「生態系再生の新しい視点ー湖からの提案」 第2部 人文社会科学を取り入れた新しい評価 第6章 生態系ダイナミクスと人の選択ダイナミクスのカップリング 巌佐庸・大野ゆかり 共立出版
 
論文
Suzuki, Y. and Toquenaga, Y. (2005) Effects of information and group structure on evolution of altruism: Analysis of two-score model by covariance and contextual analyses. Journal of Theoretical Biology 232(2): 191-201.
 
Toquenaga, Y. and Suzuki, Y. (2005) Evolution of generosity in the demand game. Population Ecology 47(1): 31-39.
 
Suzuki, Y., Kawaguchi, L. G., and Toquenaga, Y. (2007) Estimating nest locations of Bombus ardens from flower distribution and its quality. Ecological Research 22(2): 220-227.
 
Suzuki, Y. and Yoh Iwasa, Y. (2009) Conflict between groups of players in coupled socio-economic and ecological dynamics. Ecological Economics 68: 1006-1115.
 
Suzuki, Y. and Iwasa, Y. (2009) The coupled dynamics of human socio-economic choice and lake water system: the interaction of two sources of nonlinearity. Ecological Research 24(3): 479-489.
 
Suzuki, Y., Kawaguchi, L. G., Munidasa, D. T., and Toquenaga, Y. (2009) Do bumble bee queens choose nest locations to maximize their foraging rate? Behavioral Ecology and Sociobiology 63: 1353-1362.
 
Iwasa, Y., Suzuki-Ohno, Y., and Yokomizo, H. (2009) Paradox of nutrient removal in coupled socio-economic and ecological dynamics for lake water pollution. Theoretical Ecology 3: 113-122.
 
Suzuki-Ohno, Y., Inoue, M. N., and Ohno, K. (2010) Applying geographic profiling used in the field of criminology for predicting the nest locations of bumble bees. Journal of Theoretical Biology 265: 211-217.
 
Suzuki-Ohno, Y., Kawata, M., and Urabe, J. (2012) Optimal feeding under stoichiometric constraints: A model of compensatory feeding with functional response. Oikos 121: 569-578.
 
Kobayashi, C, Matsuo, K., Watanabe, K., Suzuki-Ohno, Y., Kawata, M., and Kato, M. (2015) Arms race between leaf-rolling weevils and parasitoids: diversification of weevil’s plant-manipulation behavior and its consequence. Ecological Monographs 85: 253-268.
 
Suzuki, N., Suzuki-Ohno, Y., Takakura, K. (2016) Variation of clutch size and trophic egg proportion in a ladybird with and without male-killing bacterial infection. Evolutionary Ecology 30: 1081-1095.
 
Suzuki-Ohno, Y., Morita, K., Nagata, N., Mori, H., Abe, S., Makino, T., and Kawata, M. (2017) Factors restricting the range expansion of the invasive green anole Anolis carolinensis on Okinawa Island, Japan. Ecology and Evolution 7:4357.
 
Suzuki-Ohno, Y., Yokoyama, J., Nakashizuka, T., and Kawata, M. (2017) Utilization of photographs taken by citizens for estimating bumblebee distributions. Scientific Reports, 7, 11215
 
Cadiz, A., Nagata, N., Diaz, L., Suzuki-Ohno, Y., Echenique-Diaz, L., Akashi, H., Makino, T., and Kawata, M. (2018) Factors affecting interspecific differences in genetic divergence among populations of Anolis lizards in Cuba. Zoological Letters 4:21
 
大野ゆかり, 横山潤, 中静透, 河田雅圭 (2018) 市民が撮影した写真による生物観測情報の収集, 問題点と解決方法 種生物学会電子版和文誌2: 4章
 
Inoue, M. N., Suzuki-Ohno, Y., Haga, Y., Arai, H., Sano, T., Martemyanov, V. V., and Kunimi, Y. (2019) Population dynamics and geographical distribution of the gypsy moth, Lymantria dispar, in Japan. Forest Ecology and Management 434:154-164
所属学会
日本生態学会
日本応用動物昆虫学会
日本種生物学会
日本数理生物学会

最近の研究について

生物の観測データ(環境DNAや生物写真)をもとに、モデルにより分布推定を行っています。分布変化や分布に重要な環境要因を検出し、保全対策の立案などに役立てたいと考えています。観測データの収集方法の1つとして、市民参加型調査に取り組んでいます(http://hanamaruproject.s1009.xrea.com/hanamaru_project/index.html)。

メッセージ

大学生・大学院生の時の経験が、その後の10年20年を決めていくこともあります。自分で限界を作らずに、ぜひ、様々なことを体験してみてください。