GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
階層的構造ダイナミクス講座

研究

稲葉 謙次

教授 稲葉 謙次
キャンパス 片平 キャンパス
所属研究室 生体分子構造
連絡先 022-217-5604
E-mail kinaba@tagen.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.tagen.tohoku.ac.jp/labo/inaba/

京都生まれ京都育ちの関西人です。研究には熱く、厳しく、でもそれ以外には心の広い温厚な人間です。東北の地で若い人たちと共に新しい研究分野を開拓していけたら、最高にハッピーです!

経歴
1993年 京都大学理学部化学科卒
1998年 京都大学工学研究科博士課程卒
1998年―2000年 英国 Medical Research Council 博士研究員
2000年―2001年 京都大学ウイルス研究所博士研究員
2001年ー2005年 JSTさきがけ21研究員
2005年―2006年 JST CREST研究員
2006年―2011年 九州大学生体防御医学研究所 特任准教授
2011年―2013年 九州大学生体防御医学研究所 准教授
2013年4月 東北大学多元物質科学研究所 教授
著書・論文
  1. Inoue, M., Sakuta, N., Watanabe, S., Zhang, Y., Yoshikaie, K., Tanaka, Y., Ushioda, R., Kato, Y., Takagi, J., Tsukazaki, T., Nagata, K. and Inaba, K.* “Structural basis of sarco/endoplasmic reticulum Ca2+-ATPase 2b regulation via transmembrane helix interplay” Cell Reports, 27, 1221-1230 (2019)
  2. Okumura, M.*, Noi, K., Kanemura, S., Kinoshita, M., Saio, T., Inoue, Y., Hikima, T., Akiyama, S., Ogura, T.* and Inaba, K.* “Dynamic assembly of protein disulfide isomerase in catalysis of oxidative folding” Nature Chemical Biology 15, 499-509 (2019)
  3. Watanabe S., Amagai Y., Sannino S., Tempio T., Anelli T., Harayama M., Masui S., Sorrentino I., Yamada M., Sitia R*, and Inaba K.* “Zinc regulates ERp44-dependent protein quality control in the early secretory pathway.” Nature Communications, 10, 603 (2019)
  4. Watanabe, S., Harayama, M., Kanemura, S., Sitia, R. and Inaba, K.* “Structural basis of pH-dependent client binding by ERp44, a key regulator of protein secretion at the ER-Golgi interface” Proc Natl Acad Sci U S A. 114, 3224-3232 (2017)
  5. Maegawa, K., Watanabe, S., Noi, K., Okumura, M., Amagai, Y., Inoue, M., Ushioda, R., Nagata, K., Ogura, T. and Inaba, K.* “The highly dynamic nature of ERdj5 is key to efficient elimination of aberrant protein oligomers through ER-associated degradation” Structure, 25, 846-857(2017)
  6. Arai, K., Takei, T., Okumura, M., Watanabe, S., Amagai, Y., Asahina, Y., Moroder, L., Hojo, H.*, Inaba, K.* and Iwaoka, M.* “Preparation of selenoinsulin as a long-lasting insulin analog” Angewandte Chemie 56, 5522-5526 (2017)
  7. Ushioda R, Miyamoto A, Inoue M, Watanabe S, Okumura M, Maegawa KI, Uegaki K, Fujii S, Fukuda Y, Umitsu M, Takagi J, Inaba K., Mikoshiba K, Nagata K. “Redox-assisted regulation of Ca2+ homeostasis in the endoplasmic reticulum by disulfide reductase ERdj5.” Proc Natl Acad Sci U S A. 113(41):E6055-E6063 (2016)
  8. Kojima, R., Okumura, M., Masui, S., Kanemura, S., Inoue, M., Saiki, M., Yamaguchi, H., Hikima, T., Suzuki, M., Akiyama, S. and Inaba, K.* “Radically different thioredoxin domain arrangement of ERp46, an efficient disulfide-bond introducer of the mammalian PDI family”, Structure, 22, 431-443 (2014)
  9. Vavassori, S., Cortini, M., Masui, S. Sannino, S., Anelli, T., Caserta, I. R., Fagioli, C., Fornili, A., Mossuto, M. F., Degano, M, Inaba, K. and Sitia, R.* “A pH-Regulated Quality Control Cycle for Surveillance of Secretory Protein Assembly” Mol. Cell 50, 783-792 (2013)
  10. Hagiwara, M., Maegawa, K., Suzuki, M. †, Ushioda, R., Araki, K., Matsimoto, Y., Hoseki, J., Nagata, K.* and Inaba, K.* “Structural basis of an ERAD pathway mediated by the ER-resident disulfide reductasse ERdj5” Mol. Cell 41, 432-444 (2011)
  11. Inaba, K.*, Masui, S., Iida, H. Vavassori, S., Sitia, R. and Suzuki, M. “Crystal structures of human Ero1α reveal the mechanisms of regulated and targeted oxidation of PDI” EMBO J 29, 3330-3343 (2010)
  12. Inaba, K.*, Murakami, S., Nakagawa, A., Iida, H., Kinjo, M., Ito, K. and Suzuki, M. “Dynamic nature of disulfide bond formation catalysts revealed by crystal structures of DsbB” EMBO J 28, 779-791 (2009)
  13. Inaba, K.*, Murakami, S., Suzuki, M., Nakagawa, A., Yamashita, E., Okada, K. and Ito, K.* “Crystal structure of the DsbB-DsbA complex reveals a mechanism of disulfide bond generation” Cell 127, 789-801 (2006)
  14. Inaba, K., Takahashi, Y. -H., Ito, K. and Hayashi, S. “Critical role of a thiolate-quinone charge transfer complex and its adduct form in de novo disulfide bond generation by DsbB” Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 103, 287-292 (2006)
  15. Inaba, K. and Ito, K. “Paradoxical redox properties of DsbB and DsbA in the protein disulfide-introducing reaction cascade” EMBO J 21, 2646-2654 (2002)
 
所属学会

日本蛋白質科学会、日本生化学会、日本分子生物学会、日本生物物理学会、日本細胞生物学会

担当講義

分子生命科学特論、生化学合同講義、生体機能化学特論I

最近の研究について

二つのシステイン間で架橋されるジスルフィド結合や金属イオンは、タンパク質の高次構造形成および機能発現制御において重要な役割を担うことが知られています。ジスルフィド結合を有するタンパク質の中には、免疫システムの根幹を担う免疫グロブリン、MHC分子、デフェンシンや、インスリン・成長因子などのホルモンが存在します。我々は、細胞が備えるタンパク質の高次構造促進システムと不良品タンパク質の分解除去システム、言わばタンパク質の品質管理システムについて、構造生物学・生化学・プロテオミクス・細胞生物学的手法を駆使し、徹底的に解明することを目指しています。特に最近は、ヒト細胞の分泌経路におけるタンパク質恒常性維持機構に焦点をあてた研究を展開しています。これらシステムの破綻はアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患や糖尿病などを引き起こすことも数多く報告されており、医学的にも重要な研究課題と考えています。

メッセージ

細胞が備える巧妙なタンパク質品質管理の仕組みを分子構造レベル、細胞レベルで深く研究しています。これまでのバックグラウンドは特に問いません。将来研究者になって、世界的に活躍したいと思っているあなたを応援します!