GO TOP

研究分野

生態発生適応科学専攻 :
多様性ダイナミクス講座

研究

中本 章貴

助教 中本 章貴
キャンパス 浅虫 キャンパス
所属研究室 海洋生物多様性
連絡先 017-752-3388
E-mail ayaki.nakamoto.a4@tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.biology.tohoku.ac.jp/lab-www/asamushi/index.html

 動物の胚発生と形態進化に興味を持ち、これまでに環形動物、軟体動物、節足動物の胚発生の研究に取り組んできました。これらの動物の形態は大きく異なっていますが、胚発生のプロセス(卵割パターン、細胞系譜、体節形成機構など)にはいくつかの共通点があり、形態進化の一端を垣間みることが出来ます。現在は浅虫海洋生物学教育研究センターでホヤ胚の細胞極性と形態形成について研究しています。ホヤは脊椎動物の姉妹群に属することから、動物の体づくりの進化について興味深い手がかりが得られることが期待されます。

経歴
2004年 北海道大学大学院理学研究科博士後期課程修了
2004年〜2014年 アリゾナ大学分子細胞生物学部 博士研究員
2014年〜 東北大学大学院生命科学研究科附属浅虫海洋生物学教育研究センター 助教
著書・論文
  1. Mohri, K., Nakamoto, A., Shimizu, T.: The ontogeny of nanos homologue expression in the oligochaete annelid Tubifex tubifex. Gene Expression Patterns. 20, 32-41 (2016)
  2. Nakamoto, A., Hester, D. S., Constantinou, J. S., Blaine, G. W., Tewksbury, B. A., Matei, T. M., L.M. Nagy, Williams, A. T.: Changing cell behaviors during beetle embryogenesis correlates with slowing of segmentation. Nat. Commun. (2015)
  3. Gharbiah, M., Nakamoto, A., Johnson, B. A., Lambert, J. D., Nagy, M. L.: Ilyanassa Notch signaling implicated in dynamic signaling between all three germ layers. Int.J.Dev.Biol. 58, 551-562 (2014)
  4.  Kato, Y.*, Nakamoto, A.*, Shiomi, I., Nakao, H., Shimizu, T.: Primordial germ cells in an oligochaete annelid are specified according to the birth rank order in the mesodermal teloblast lineage. Dev. Biol. 379, 246-257 (2013). *Equal contribution.
  5. Gharbiah, M., Nakamoto, A., Nagy, M. L.: Analysis of ciliary band formation in the mollusc Ilyanassa obsoleta. Dev. Genes Evol. 223, 225-235 (2013).
  6. Gline, S., Nakamoto, A., Cho, S.-J., Chi, C., Weisblat, A. D.: Lineage analysis of micromere 4d, a super-phylotypic cell for Lophotrochozoa, in the leech Helobdella and the sludgeworm Tubifex. Dev. Biol. 353, 120-133 (2011).
  7. Nakamoto, A., Nagy, M. L., Shimizu, T.: Secondary embryonic axis formation by transplantation of D quadrant micromeres in an oligochaete annelid. Development 138, 283-290 (2011).
  8. Nakamoto, A., Arai, A., Shimizu, T.: Specification of polarity of teloblastogenesis in the oligochaete annelid Tubifex: cellular basis for bilateral symmetry in the ectoderm. Dev. Biol. 272, 248-261(2004).
  9. Arai, A., Nakamoto, A., Shimizu, T.: Specification of ectodermal teloblast lineages in embryo of the oligochaete annelid Tubifex: involvement of novel cell-cell interactions. Development 128, 1211-1219(2001).
  10. Nakamoto, A., Arai, A., Shimizu, T.: Cell lineage analysis of pattern formation in the Tubifex embryo II. Segmentation in the ectoderm. Int.J.Dev.Biol. 44:797-805(2000).
所属学会

日本動物学会

担当講義

海洋生物学及び実習I

最近の研究について

 動物界は約35の門から成り立っており、それぞれ門には特徴的な形態的体制が見られます。海産動物の形態は特に多種多様ですが、元をたどればこれらの動物は1つの丸い卵(受精卵)から発生します。一見何の変哲もない1つの細胞から、複雑で規則正しい構造やパターンが正確なタイミングで形成されるプロセスは生命の驚異の1つであり、未だ明らかにされていない重要な課題が数多く残されています。私は脊索動物ホヤを用いた形態形成に関する研究を通して、動物の胚発生の仕組みとその進化を理解したいと考えています。詳しくは研究室のホームページをご覧下さい。

メッセージ

 「何のために生きるのか」は古くからある問いの1つですが、そもそも生きるとは、生命とは何でしょうか?本学科で生命の様々な基本原理を学ぶことは、単に知識の習得にととまらず、このような問いについて深く考える一助となり、きっと皆さんの人生をより豊かにすることでしょう。皆さんが好奇心を大切にして主体的に学び、有意義な学生生活を送ることを願っています。また、浅虫海洋生物学教育研究センターでは様々な海産動物を用いた研究を行っています。海が好きな人、海産動物の謎に取り組んでみたい人の参加をお待ちしています。