GO TOP

研究分野

生態発生適応科学専攻 :
生態ダイナミクス講座

研究

饗庭 正寛

助教 饗庭 正寛
キャンパス 青葉山 キャンパス
所属研究室 統合生態
連絡先 022-795-5790
E-mail masahiro.aiba.d4@tohoku.ac.jp

生物の量や分布、生物群集の多様性はどのように決まっているのでしょうか? また、生物やその群集の様々な性質は、周囲の生物や環境、そして人間社会にどのような影響を与えているのでしょうか? そういった疑問に答えるため、生物種間の関係や、生物と環境の関係の解析を中心に、植物の生理学的特性から人間との関係まで、幅広く研究を行っています。

経歴

名古屋大学理学部生命理学科卒
京都大学理学研究科博士課程修了
東北大学生命科学研究科(日本学術振興会特別研究員)
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター(日本学術振興会特別研究員)
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター(博士研究員)
東北大学生命科学研究科(産官学連携研究員)、2015年1月より現職

著書・論文

以下をご参照ください。
http://scholar.google.com/citations?user=47RwH70AAAAJ 

所属学会

日本生態学会

担当講義

生態学実習

最近の研究について

日本を含むアジア地域の多数の樹木を対象に、野外で収集した葉や材の性質、文献から得られる花や実の特徴、人間との関わりなどをデータベース化して、森林の動態や生物多様性、生態系機能・サービスなどの定量評価を広域で行っています。森林やその機能の評価や管理に貢献できる成果を発表して行きたいと考えています。

メッセージ

なぜ、たくさんいる生き物と非常に珍しい生き物がいるのでしょうか? ある生き物がいる場所といない場所があるのはなぜでしょうか? これらはシンプルですが、群集生態学の中心をなす奥の深い問題です。そうした問題について考える事の面白さを少しでも共有してもらえたら嬉しいです。