GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
微生物進化機能開発寄附講座

研究

佐藤 優花里

助教 佐藤 優花里
キャンパス 片平 キャンパス
所属研究室 微生物進化機能開発
連絡先 022-217-6227
E-mail yusato@ige.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.ige.tohoku.ac.jp/bishin/index.html
Google Scholar

https://scholar.google.co.jp/citations?user=qtiQjHQAAAAJ&hl=ja

宮城県仙台市出身です。時々動物と星の写真を撮っています。
経歴
平成13年3月     宮城教育大学教育学部卒業
平成15年3月     東北大学大学院生命科学研究科 修士取得(生命科学)
平成19年3月     東北大学大学院生命科学研究科 博士取得(生命科学)
平成19年4月      (独)農業環境技術研究所・特別研究員
平成20年4月     一般社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム 特別研究員
平成25年3月     大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構 研究員
平成29年4月〜現在  東北大学大学院生命科学研究科 助教
 
 
著書・論文
  1. Ray-Gallet D*, Ricketts MD*, Sato Y*, Gupta K, Boyarchuk E, Senda T, Marmorstein R, and Almouzni G. Functional activity of the H3.3 histone chaperone complex HIRA requires trimerization of the HIRA subunit. Nature Commun. 9, 3013 (2018) *Equal contribution
  2. Katsuyama Y*, Sato Y*, Sugai Y, Higashiyama Y, Senda M, Senda T, and Ohnishi Y. Crystal structure of the nitrosuccinate lyase CreD in complex with fumarate provides insights into the catalytic mechanism for nitrous acid elimination. FEBS J. 285, 1540-1555 (2018) *Equal contribution
  3. 佐藤優花里、Zbynek Prokop、Jan Brezovsky、夏目亮、Radka Chaloupkova、永田裕二、Jiri Damborsky、千田俊哉. ハロアルカン脱ハロゲン酵素DbjAの鏡像異性体選択性機構の解明. 日本結晶学会誌 53. 124-129 (2011)
  4. Prokop Z*, Sato Y*, Brezovsky J*, Mozga T, Chaloupkova R, Koudelakova T, Jerabek P, Stepankova V, Natsume R, van Leeuwen JG, Janssen DB, Florian J, Nagata Y, Senda T, and Damborsky J. Enantioselectivity of haloalkane dehalogenases and its modulation by surface loop engineering. Angew. Chem. 49, 611-615 (2010) *Equal contribution
  5. Sato Y, Natsume R, Tsuda M, Nagata Y, and Senda T. Crystallization and preliminary crystallographic analysis of haloalkane dehalogenase DbjA from Bradyrhizobium japonicum USDA110. Acta Crystallogr. F63, 294-296 (2007)
  6. Sato Y, Monincova M, Chaloupkova R, Prokop Z, Ohtsubo Y, Minamisawa K, Tsuda M, Damborsky J, and Nagata Y. Two Rhizobial Strains, Mesorhizobium loti MAFF303099 and Bradyrhizobium japonicum USDA110, encode haloalkane dehalogenases with Novel Structures and Substrate specificities. Appl. Environ. Micro. 11, 1741-1766 (2006)
     
所属学会
日本農芸化学会、日本生化学会、日本蛋白質科学会

最近の研究について

 根粒菌由来の鏡像異性体を合成する生体触媒酵素の立体構造-機能相関で学位を取得したことをきっかけに、ヒトの転写関連タンパク質や、細菌由来の有用酵素について、X線結晶構造解析を中心とした研究を進めてきました。その過程で、ある種のタンパク質は、低分子や他のタンパク質などと結合する箇所が分解や沈殿を引き起こす「天然変性領域」を有するという問題に直面しました。最近は、環境汚染物質分解酵素や薬剤耐性に関与する細菌由来のタンパク質の機能解析を中心に、「天然変性領域」の解析方法の開発に興味を持って研究を進めています。

メッセージ

 タンパク質の立体構造が解ける瞬間は、それまで視覚化できなかった形をとらえることができる感動があります。また、仙台はコンパクトにまとまった生活しやすい街なので、充実した生活を送れると思います。