GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
微生物進化機能開発寄附講座

研究

矢野 大和

講師 矢野 大和
キャンパス 片平 キャンパス
所属研究室 微生物進化機能開発
連絡先 022-217-5682
E-mail yano.hirokazu@ige.tohoku.ac.jp
ホームページ https://sites.google.com/view/hirokazuyano/home
ORCiD
 
 
京都府生まれ。仙台市、Moscow Idaho、東京都江東区、茨城県つくば市などを拠点として、ビッグ・フィッシュを求めて釣り歩きました。
経歴

2008年                   東北大学 大学院生命科学研究科修了 博士(生命科学)
2008年〜2012年   University of Idaho, IBEST, Postdoctoral fellow
2012年〜2016年   東京大学 大学院新領域創成科学研究科 特任研究員のち特任助教
2016年〜2017年   筑波大学 生命環境系 研究員
2017年〜現在        東北大学 大学院生命科学研究科 講師
 

著書・論文
  • Yano H, Suzuki H, Maruyama F, and Iwamoto T. The recombination-cold region as an epidemiological marker of recombinogenic opportunistic pathogen Mycobacterium avium. BMC Genomics. (2019). (in press)
  • Yano H, Shintani M, Tomita M, Suzuki H, and Oshima T. Reconsidering plasmid maintenance factors for computational plasmid design. Comput. Struct. Biotechnol. J. 17: 70-81 (2019)
  • Nonaka L, Yamamoto T, Maruyama F, Hirose Y, Onishi Y, Kobayashi T, Suzuki S, Nomura N, Masuda M, and Yano H. Interplay of a non-conjugative integrative element and a conjugative plasmid in the spread of antibiotic resistance via suicidal plasmid transfer from an aquaculture Vibrio isolate. PLoS ONE. 13: e0198613 (2018).
  • 矢野大和, 丸山史人. 肺MAC症原因菌Mycobacterium aviumのゲノム進化. 医学の歩み 265(7): 600-601 (2018)
  • Miyazaki R*. Yano H*. Sentchilo V. and Van der Meer JR. Physiological and transcriptome changes induced by Pseudomonas putida acquisition of an integrative and conjugative element. Sci. Rep. 8: 5550 (2018) * Equal contribution.
  • Yano H, Iwamoto T, Nishiuchi Y, Nakajima C, Starkova DA, Mokrousov I, Narvskaya O, Yoshida S, Arikawa K, Nakanishi N, Osaki K, Nakagawa I, Ato M, Suzuki Y, and Maruyama F. Population structure and local adaptation of MAC lung disease agent Mycobacterium avium subsp. hominissuis. Genome Biol. Evol. 9: 2403-2417 (2017).
  • Zhang Y, Matsuzaka T, Yano H, Furuta Y, Nakano T, Ishikawa K, Fukuyo M, Takahashi N, Suzuki Y, Sugano S, Ide H, and Kobayashi I. Restriction glycosylases: involvement of endonuclease activities in the restriction process.  Nucleic Acids Res. 45: 1392-1403 (2017). 
  • Yano H, Wegrzyn K, Loftie-Eaton W, Johnson J, Deckert GE, Rogers LM, Konieczny I, and Top EM. Evolved plasmid-host interactions reduce plasmid interference cost. Mol. Microbiol. 101: 743-756 (2016). 
  • Loftie-Eaton W, Yano H, Burleigh S, Simmons RS,Hughes JM, Rogers LM, Hunter SS., Settles LM, Forney LJ, Ponciano JM, and Top EM. Evolutionary paths that expand plasmid host-range: implications for spread of antibiotic resistance. Mol. Biol. Evol. 33: 885-897 (2016). 
  • Yano H, Rogers LM, Molly K, Heuer H, Smalla K, Brown CJ, and Top EM. Diversification of host range within the IncP-1 plasmid group. Microbiology. 159: 2303-2315 (2013). 
  • Yano H, Genka H, Ohtsubo Y, Nagata Y, Top EM, and Tsuda M. Cointegrate-resolution of toluene-catabolic transposon Tn4651: determination of crossover site and the segment required for full resolution activity. Plasmid 69: 24-35 (2013). 
  • Yano H, Deckert GE, Rogers LM, and Top EM. Roles of long and short replication initiation proteins in the fate of broad host range IncP-1 plasmids. J. Bacteriol. 194: 1533-1543 (2012).
  • Sota M*, Yano H*, Hughes JM, Daughdrill GW, Abdo Z, Forney LJ, and Top EM. Shifts in host range of a promiscuous plasmid through parallel evolution of its replication initiation protein. ISME J. 4: 1568-1580 (2010). *Equal contribution
  • Yano H, Miyakoshi M, Ohshima K, Tabata M, Nagata Y, Hattori M, and Tsuda M. Complete nucleotide sequence of TOL plasmid pDK1 provides evidence for evolutionary history of IncP-7 catabolic plasmids. J. Bacteriol. 192: 4337-4347 (2010).
 
 
所属学会

日本ゲノム微生物学会、 日本進化学会、日本遺伝学会、日本細菌学会、日本農芸化学会、日本分子生物学会、American Society for Microbiology

最近の研究について

自然界に生息する多くの微生物は、高等生物や他の微生物と相互作用しながら、「群集」の一部として生活しています。微生物集団の進化過程を、「遺伝子の隔離と共有」と「利己的な振る舞い」という二つの独立した観点から研究しています。「遺伝子の隔離と共有」の研究では、微生物種の多様化についての新しい原理・原則を発見すること、さらに感染症対策に役立つ視点を提供することを目指し、ゲノムデータやエピゲノムデータが蓄積されつつある非結核性抗酸菌やピロリ菌をモデルとして用いています。ゲノム解析と実験の両面から研究を進めています。集団内での「利己的な振る舞い」の研究では、土壌細菌の実験室進化を基軸にした研究を行っています。また、私が古くから関わってきた可動遺伝因子についても、新しいタイプのものが微生物ゲノムに見つかってきており、目が離せなくなってきました。
研究手法としては、比較ゲノム解析、NGS解析、分子遺伝学実験、実験室進化を基盤にしておりますが、研究に最先端の手法を取り入れるため、スペシャリストとの共同研究も進めています。

 

メッセージ

既存の概念にとらわれないで、自分で得たデータを信頼し自信を持って新しい仮説やモデルを提案していきましょう。地球の裏側にいる人もきっとそれを面白いと言ってくれるでしょう。