どのように受精卵から動物個体が出来るのか?

 



細胞は分裂・変形・移動を繰り返しながら動物個体の複雑なかたちを作り上げていきます。こうしたダイナミックな細胞の変形はどのような分子メカニズムで制御されているのでしょうか?




 当研究分野ではこの疑問に答えるべく、細胞数が約千個と少なく、ゲノム情報が蓄積されている線虫C.elegansを用いて研究を進めている。高度な顕微鏡観察技術やCRISPR/Cas9等の遺伝子機能改変技術を駆使することで、細胞分裂・細胞極性形成・形態形成などの個体発生の基盤となる現象の解析を進めています。

細胞内の分子の動態

 細胞が分裂祭には、紡錘体が形成され、複製された染色体を娘細胞に正確に分配します。生じた二つの娘細胞が異なる運命をたどることで、細胞の多様性が生み出されるのです。これらの現象を引き起こすためには細胞内のタンパク質の挙動が時空間的に厳密に制御されていなければなりません。 現在は、紡錘体を構成する微小管や、生殖細胞系列に特異的に分配される生殖下流に着目して、その動態の制御メカニズムを線虫の初期胚を用いて解析しています。