東北大学

東北大学牧野研究室

東北大学牧野研究室

小笠原諸島の絶滅危惧種についての論文が、Commumications Biologyに掲載されました。

我々は、小笠原諸島の絶滅危惧植物とその近縁普通種のゲノム情報を比較し、絶滅危惧種のゲノムに見られる特徴的な3つのパターン[遺伝的多様性の低下、有害な変異の蓄積、重複遺伝子の低含有率]を発見しました。この研究は、生物種の絶滅の危険性をゲノム情報から予測可能であることを示す重要な報告であり、保全生物学分野への応用が期待されます。

Hamabata T, Kinoshita G, Kurita K, Cao P, Ito M, Murata J, Komaki Y, Isagi Y and Makino T. (2019) Endangered island endemic plants have vulnerable genomes. Communications Biology. 2:244

プレスリリース
絶滅危惧種の弱さをゲノム情報で評価 ~生態系保全への応用に期待~

Behind the Paper in Nature Research Ecology & Evolution Community
Vulnerable genomes of endangered species

Laboratory of Evolutionary Genomics

Graduate School of Life Sciences, Tohoku University

606 6F, Biology Building(H15), Aobayama Campus

6-3, Aramaki Aza-Aoba, Aoba-ku, Sendai 980-8578

Mail: tamakino@tohoku.ac.jp

Copyright © 2018 Makino Lab. All Rights Reserved.
トップへ戻るボタン