GO TOP

教育

学生支援

学生生活

*Googleフォームを使用しています。
*生命科学研究科の学生の皆さんから本学の教育研究や学生生活全般に関する意見・要望を投書により受け付けます。
  寄せられた投書は本研究科内で検討の上、今後の方針や改善に資することとします。
  なお、生命科学研究科学生相談員への相談を希望する方は、以下のURL「学生相談申請フォーム」から入力して
  ください。
 
  ► 寄せられた意見・要望・回答一覧(2021年10月28日より運用開始)
    過去に寄せられた意見・要望とその回答を掲載しています。
 
  ►東北大学学生の声はこちら
 
東北大学のウェブサイトでご確認下さい。

教育・学生支援 東北大学ウェブサイト

学生寮

ユニバーシティハウス

学寮

キャリア支援

東北大学 キャリア支援センター

東北大学 高等大学院機構 博士人材育成ユニット(PhDC)

生命科学研究科キャリア支援

日本人学生向け奨学金募集情報 2022/4/20掲載

大学院生への経済的支援一覧(令和4年6月1日現在)2022/6/22更新

 【4月採用は2月頃、10月採用は7月頃に募集要項公開】
    DC1年次から採用開始
    研究奨励費(生活費相当額支援金) 月額16~20万円
    研究費 年額34万円
    授業料免除(一部~全額免除)※令和4年度より
 
〇国際共同大学院
 ・データ科学  【4月期は11月頃、10月期は6月頃に募集要項公開】
    毎年1~2名程度 MC入学1年後から採用開始
    RA給与 MC 月10万~13万円程度
         DC​​​​​ 月10万~17万円程度
 
 ・NeuroGlobal (脳科学)  【5月頃に募集要項公開】
    毎年5名程度 MC1年次10月から採用開始
    RA給与:プログラム候補生(採用後半年間) MC 月8万円程度
        プログラム正規生(候補生の後)  MC 月10万円程度  DC 月16万円程度
 
〇卓越大学院
 ・未来型医療創造卓越大学院プログラム 【2月頃に募集要項公開】 
    4月入学者:MC入学前から募集開始/10月入学者:MC1年次2月頃から募集開始
    奨学金  前期課程 月15~20万円程度(予定。プログラム学生数により変動あり。)
 
学際高等研究教育機構 【1月下旬~2月上旬頃に募集要項公開】
 ・修士研究員(毎年2~3名程度) 【募集締切:4月頃】
     奨学金  年50万円程度(授業料相当程度)、研究費支援10万円
 ・博士研究員(毎年1~2名程度) 【募集締切:2月頃】
     奨学金 月18万円程度(DC採用者は年額60万円)
 
グローバル萩奨学金 【5月頃に募集要項公開】
     毎年8名程度 MC2年次・DC1年次から採用開始​​​​​
     奨学金 年60万円
 
学術振興会特別研究員
【採用年度の前々年度の2月頃に募集要項公開】
 ・DC1 (毎年2~3名程度)[3年間支給]  月20万円 
 ・DC2 (毎年3~4名程度)[2年間支給]  月20万円 
 ・授業料免除(一部~全額免除)※令和4年度より
 
〇国費外国人留学生大学推薦(一般枠) 【12月頃募集開始。1月頃締切。】
  入学と同時に採用、支給。※ただし10月新規渡日者に限る。
  例年1名程度採用 奨学金14万円程度
 
〇AIQDS(国費留学生優先配置プログラム)【12月頃募集開始。1月末頃締切。】
  年により、採用数に変動あり。
  入学と同時に採用、支給。※ただし10月新規渡日者に限る。
  奨学金14万円程度。
 
〇研究科内RA (毎年10名程度)【8月・12月頃対象者決定】  
  DC学生へ支給
  支給額 8万~12万円程度(年2回支給)
 ※生命科学研究科の取り決めに基づき教務係で対象者リストを作成する。
 
授業料免除(令和3年度授業料実績) 
  前期授業料 全額免除  M13名、D15名
        半額免除  M23名、D18名
  後期授業料 全額免除  M15名、D 17名
        半額免除  M19名、D15名
 ※ 家庭の収入状況等により本部で選抜しているもので、申請しても不採択となることもあります。
 ※令和4年度より、従来の授業料免除に加え「優秀な学生に対する免除支援」制度が新設されます。
 
〇分野内RA
  指導教員の先生の研究費で、RAを支給することが可能です。
  博士進学を希望している人は、指導教員の先生に相談してみてください。
 
〇その他
  国際共同大学院プログラム等へ申請する際、英語能力試験(TOEFL®テスト、TOEIC®テスト、IELTS 等)テストスコアの提出を求められることがありますので、各自で受験してお くよう心掛けてください。 ※TOEFL、TOEFL iBT、TOEFL ITP 及び TOEIC はエデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。