GO TOP

在学生の方

在学生の方

日本学生支援機構奨学金 在学猶予の手続きについて(令和3年度)

日本学生支援機構奨学金 在学猶予の手続きについて(令和3年度)

2021/04/01
過去に日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた方へ
 
過去に日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた方で、
 ①貸与終了後に生命科学研究科に入学(進学・編入学)した方
 ②貸与終了後も引き続き生命科学研究科に在学している方
 は、在学猶予の願出をすることにより、本研究科在学中の返還が猶予されます。
(願い出をしない場合、在学中でも返還が開始されます。)

猶予を希望する場合は、下記URLを参照のうえ、下記期限までに

1.スカラネット・パーソナルより願出を行い、

2.その後その旨を生命科学研究科教務係へメールでお知らせください。

 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/houhou/zaigaku_yuyo.html
(日本学生支援機構HP 在学猶予について)

 
※学校種別、課程、学校番号、学校名(カタカナ)、学校名(漢字)の情報は、入力例を確認してください。

スカラネットでの入力期限(令和3年3月貸与終了者):月14日(金)まで

入力後は、生命科学研究科教務係へメールにて連絡してください
 連絡がない場合は、処理が遅れる(もしくは行われない)ことがあります。
※入力時期によって猶予が返還の開始に間に合わない(引落しされる)ことがあります。
 必ず入力期限内に入力を行ってください。
※やむを得ずスカラネットからの入力ができない場合は、速やかに生命科学研究科教務係へご連絡ください。
※令和2年度から、令和2年3月以前に取得(承認)された在学猶予年数に関わらず、令和2年4月以降に適用可能な在学猶予取得年数が通年10年までとなりましたので、ご注意ください。