GO TOP

研究分野

脳生命統御科学専攻 :
分化制御ネットワーク講座

研究

松居 靖久

教授 松居 靖久
キャンパス 星陵 キャンパス
所属研究室 分化再生制御
連絡先 022-717-8571
E-mail yasuhisa.matsui.d3@tohoku.ac.jp
ホームページ http://www2.idac.tohoku.ac.jp/dep/crcbr/
Google Scholar

https://scholar.google.co.jp/citations?user=S945s7IAAAAJ&hl=ja

米国留学中にマウスの生殖細胞の発生に関する研究にめぐりあいました。それ以来、個体全体を作り出す力を持つ生殖細胞の不思議な性質にとりつかれ、研究三昧の生活を送っています。

経歴
1983年 東京大学 薬学部 卒業
1988年 東京大学大学院 薬学系研究科 修了
1988-1992年 米国バンダービルト大学 医学部 博士研究員
1992-1998年 東北大学 抗酸菌病研究所 助手、助教授
1998-2004年 大阪府立母子保健総合医療センター 研究所 主任研究員・室長
2004年から 現職
著書・論文
  1. Ota, H, Ito-Matsuoka, Y., Matsui, Y. Identification of the X-linked germ cell specific miRNAs (XmiRs) and their functions. PLoS ONE 14, e0211739 (2019).
  2. An, Y., Sekinaka, T., Tando, Y., Okamura, D., Tanaka, K., Ito-Matsuoka, Y., Takehara, A., Yaegashi, N., Matsui, Y.  Derivation of pluripotent stem cells from nascent undifferentiated teratoma. Developmental Biology 446, 43-55 (2019).
  3. Mochizuki, K., Tando, Y., Sekinaka, T., Otsuka, K., Hayashi, Y., Kobayashi, H., Kamio, A., Ito-Matsuoka, Y., Takehara, A., Kono, T., Osumi, N., Matsui, Y. SETDB1 is essential for mouse primordial germ cell fate determination by ensuring BMP signaling. Development 145, dev164160 (2018).
  4. Tatsumi, D., Hayashi, Y., Endo, M., Kobayashi, H., Yoshioka, T., Kiso, K., Kanno, S., Nakai, Y., Maeda, I., Mochizuki, K., Tachibana, M., Koseki, H., Okuda, A., Yasui, A., Kono, K., Matsui, Y. DNMTs and SETDB1 function as co-repressors in MAX-mediated repression of germ cell–related genes in mouse embryonic stem cells. PLoS ONE 13, e0205969 (2018).
  5. Otsuka, K., Takehara, A., Chiba, N., Matsui, Y. Identification of KLF9 and BCL3 as transcription factors that enhance reprogramming of primordial germ cells. PLoS ONE 13, e0205004 (2018).
  6. Mochizuki, K., Hayashi, H., Sekinaka, T., Otsuka, K., Ito-Matsuoka, Y., Kobayashi, H., Oki, S., Takehara, A., Kono, T., Osumi, N., Matsui, Y.  Repression of somatic genes by selective recruitment of HDAC3 by BLIMP1 is essential for mouse primordial germ cell fate determination. Cell Reports 24, 2682–2693 (2018).
  7. Gu, W., Mochizuki, K., Otsuka, K., Hamada, R., Takehara, A., Matsui, Y. Dnd1-mediated epigenetic control of teratoma formation in mouse. Biology Open 7, bio030106 (2018).
  8. Hayashi, Y., Otsuka, K., Ebina, M., Igarashi, K., Takehara, A., Matsumoto, M., Kanai, A., Igarashi, K., Soga, T., Matsui, Y. Distinct requirements for energy metabolism in mouse primordial germ cells and their reprogramming to embryonic germ cells.  Proceedings of National Academy of Science, USA. 114, 8286-8294 (2017).
  9. Aoki, N., Mochizuki, K., Matsui, Y. DNA Methylation of the Fthl17 5’-Upstream Region Regulates Differential Fthl17 Expression in Lung Cancer Cells and Germline Stem Cells.  PLoS ONE 12, e0172219 (2017).
     
所属学会

日本発生生物学会、日本分子生物学会

担当講義

先端脳生命統御科学特論III

最近の研究について

 生殖細胞は胚発生の初期段階で多能性幹細胞から始原生殖細胞として分化し、さらに精子と卵子へ成熟していきます。そしてその過程ではDNAやヒストンのメチル化などによる、エピジェネティック制御が重要な役割を果たしています。最近のわたしたちの研究により、初期胚で多能性幹細胞から始原生殖細胞が形成される際に、ヒストンのメチル化・アセチル化が必須な役割を果たしていることを明らかにしました。また胎仔生殖細胞が多能性幹細胞への再プログラム化を経て奇形腫に変化する過程でも、ヒストンのメチル化が重要な役割をしていることを見いだしました。さらに胎仔生殖細胞に特徴的なエネルギー代謝状態が、生殖細胞の発生に重要な役割を果たしていることを初めて示しました。

 

メッセージ

 研究はとても魅力的な仕事ですが、なかなか思ったように良い結果は出ません。うまくいかなければ、あれこれ考えて、また周りの人に相談して、場合によっては、何日間も時間をかけて、問題点を解決していくことになります。でも、自分で考えて自分の手で作る喜びは何にも替えがたく、データが出た瞬間の興奮を、是非、味わって欲しいと思っています。