GO TOP

研究分野

脳生命統御科学専攻 :
分化制御ネットワーク講座

研究

林 陽平

助教 林 陽平
キャンパス 星陵 キャンパス
所属研究室 分化再生制御
連絡先 022-717-8572
E-mail yohei.hayashi.e2@tohoku.ac.jp
ホームページ http://www2.idac.tohoku.ac.jp/dep/crcbr/

大学院では、出芽酵母のエピジェネティックな遺伝子発現制御について研究しました。今は、次世代へと情報を継承できる唯一の細胞である生殖細胞に興味を持ち、生殖細胞の発生分化、配偶子の形成、受精を経て生殖細胞の持つ情報がどのように変化し、あるいは継承されていくのかを明らかにしたいと考えています。

経歴
2005年 東京大学薬学部 卒業
2010年 東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻 博士課程 修了・博士(理学)
2010-2011年 東京大学分子細胞生物学研究所 博士研究員
2011-2014年 東京大学大学院薬学系研究科 博士研究員(日本学術振興会特別研究員)
2014年から 現職
 
 
著書・論文
  1. Mochizuki K*, Hayashi Y*, Sekinaka T*, Otsuka K, Ito-Matsuoka Y, Kobayashi H, Oki S, Takehara A, Kono T, Osumi N, Matsui Y. Repression of Somatic Genes by Selective Recruitment of HDAC3 by BLIMP1 Is Essential for Mouse Primordial Germ Cell Fate Determination. Cell Rep. 24, 2682-2693 (2018). (*equally contributed)
  2. Hayashi Y, Matsui Y. Metabolomic and Proteomic Analyses of Mouse Primordial Germ Cells.
    Methods Mol. Biol. doi: 10.1007/7651_2018_164 (2018).
  3. 林陽平. 始原生殖細胞の代謝特性変換は分化、再プログラム化を制御する. 実験医学 35, 3248-3251 (2017).
  4. Hayashi Y, Otsuka K*, Ebina M*, Igarashi K*, Takehara A, Matsumoto M, Kanai A, Igarashi K, Soga T, Matsui Y. Distinct requirements for energy metabolism in mouse primordial germ cells and their reprogramming to embryonic germ cells. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 114, 8289-8294 (2017). (*equally contributed)
  5. Sekinaka T, Hayashi Y, Noce T, Niwa H, Matsui Y. Selective de-repression of germ cell-specific genes in mouse embryonic fibroblasts in a permissive epigenetic environment. Sci Rep., 6, 32932 (2016).
  6. Matsumoto Y, Yasukawa J, Ishii M, Hayashi Y, Miyazaki S, Sekimizu K. A critical role of mevalonate for peptidoglycan synthesis in Staphylococcus aureus. Sci Rep., 6, 22894 (2016).
  7. Matsumoto Y, Ishii M, Hayashi Y, Miyazaki S, Sugita T, Sumiya E, Sekimizu K. Diabetic silkworms for evaluation of therapeutically effective drugs against type II diabetes. Sci Rep., 5, 10722 (2015).
  8. Adachi T, Ishii K, Matsumoto Y, Hayashi Y, Hamamoto H, Sekimizu K.Niemann-Pick disease type C2 protein induces triglyceride accumulation in silkworm and mammalian cell lines.Biochem J., 459, 137-147 (2014).
  9. Kawano A, Hayashi Y, Noguchi S, Handa H, Horikoshi M, Yamaguchi Y.Global analysis for functional residues of histone variant Htz1 using the comprehensive point mutant library.Genes Cells, 16, 590-607, (2011).
  10. Sato L*, Noguchi S*, Hayashi Y*, Sakamoto M*, Horikoshi M.Global analysis of functional relationships between histone point mutations and the effects of histone deacetylase inhibitors. Genes Cells, 15, 553-594, (2010) (*equally contributed).
  11. Akai Y*, Adachi N*, Hayashi Y*, Eitoku M, Sano N, Natsume R, Kudo N, Tanokura M, Senda T, Horikoshi M.Structure of the histone chaperone CIA/ASF1-double bromodomain complex linking histone modifications and site-specific histone eviction. Proc. Natl Acad. Sci. U.S.A., 107, 8153-8158, (2010) (*equally contributed).
  12. Hayashi Y* , Senda T*, Sano N*, Horikoshi M. Theoretical framework for the histone modification network: modifications in the unstructured histone tails form a robust scale-free network.Genes Cells, 14, 789-806, (2009) (*equally contributed).
所属学会

日本分子生物学会、日本発生生物学会

最近の研究について

 生殖と代謝の関係について研究をはじめました。代謝は多くの生物種、細胞種で共通に生命維持に必須とされ、神経や血管を通して個体統合的に制御を受けることが明らかになってきています。生殖細胞の代謝活性がどのように制御され、その代謝状態が次世代へと情報を伝える生殖細胞の機能にどのように影響を与えるか、が最近の研究課題です。
 生殖細胞のような少数の細胞での代謝解析はほとんど前例がないため、日々チャレンジングな実験に取り組んでいます。

 

メッセージ

 自分で問題を設定し、仮説を作り、論理・実験・議論を通して解決するという一連の過程が研究の醍醐味だと思います。これを繰り返して自然の法則性を発見する快感を知るとやみつきになります。自分の不思議だと感じたことを大事にして、発見の芽を育てていってください。縁あったら一緒にその芽を育てましょう。