GO TOP

研究分野

生態発生適応科学専攻 :
生態複合ダイナミクス講座

研究

陀安 一郎

客員教授 陀安 一郎
キャンパス 地球研 キャンパス
所属研究室 生態系機能
連絡先 075-707-2380
E-mail ichiro.tayasu.e3@tohoku.ac.jp
ホームページ http://archives.chikyu.ac.jp/archives/AnnualReport/Viewer.do?prkbn=R&jekbn=J&id=549
Researchmap
Google Scholar
Publons
ORCID
 
専門は「同位体生態学」、「同位体環境学」:安定同位体分析および放射性同位体の手法を用い、食物網構造や物質循環といった生物と環境にかかわる事柄を研究してきました。陸域生態系および水域生態系の両方の観点を持った、集水域レベルの研究「集水域の同位体生態学」を主課題としています。総合地球環境学研究所では、幅広い環境をとらえた、さらに広い視点での「同位体環境学」の研究をしています。
経歴
総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター 教授(2016)
総合地球環境学研究所 研究高度化支援センター 教授(2014)
京都大学 生態学研究センター 助教授・准教授(2003)
総合地球環境学研究所 研究部 助手(2002)
日本学術振興会 海外特別研究員 フランス国Laboratoire d'Ecologie des Sols Tropicaux, Institut de Recherche pour le Développement(2000)
日本学術振興会 特別研究員(PD)京都大学大学院 農学研究科(1997)
京都大学 大学院 理学研究科 動物学専攻 博士後期課程修了(1997)博士(理学)
著書・論文
(過去5年間)
Matsubayashi, J., Osada, Y., Tadokoro, K., Abe, Y., Yamaguchi, A., Shirai, K., Honda, K., Yoshikawa, C., Ogawa, N.O., Ohkouchi, N., Ishikawa, N.F., Nagata, T., Miyamoto, H., Nishio, S. and Tayasu, I. (2020) Tracking long-distance migration of marine fishes using compound-specific stable isotope analysis of amino acids. Ecology Letters 23: 881-890
 
Naoe, S., Tayasu, I., Sakai, Y., Masaki, T., Kobayashi, K., Nakajima, A., Sato. Y., Yamazaki, K., Kiyokawa, H. and Koike, S. (2019) Downhill seed dispersal by temperate mammals: a potential threat to plant escape from global warming. Scientific Reports 9: 14932.
 
Kato, Y., Kondoh, M., Ishikawa, N.F., Togashi, H., Kohmatsu, Y., Yoshimura, M., Yoshimizu, C., Haraguchi, T.F., Osada, Y., Ohte, N., Tokuchi, N., Okuda, N., Miki, T. and Tayasu, I. (2018) Using food network unfolding to evaluate food-web complexity in terms of biodiversity: theory and applications. Ecology Letters 21: 1065–1074.
 
Matsubayashi, J., Saitoh, Y., Uehara, Y., Osada, Y., Habu, J., Sasaki, T. and Tayasu, I. (2017) Incremental analysis of vertebral centra can reconstruct the stable isotope chronology of teleost fishes. Methods in Ecology and Evolution 8: 1755–1763.
 
Ishikawa, N.F., Togashi, H., Kato, Y., Yoshimura, M., Kohmatsu, Y., Yoshimizu, C., Ogawa, N.O., Ohte, N., Tokuchi, N., Ohkouchi, N. and Tayasu, I. (2016) Terrestrial-aquatic linkage on stream food webs along a forest chronosequence: multi-isotopic evidence. Ecology 97: 1146-1158.
所属学会
日本生態学会、日本陸水学会、日本土壌動物学会、日本地球惑星科学連合、Advancing the Science of Limnology and Oceanographyなど

最近の研究について

多元素の「同位体地図(Isoscape)」を用いた研究を行っています。

メッセージ

生物の体などに含まれる元素の安定同位体比は、生物と環境をつなぐいいツールです。 この手法を、陸域・河川・海洋と幅広い研究領域で用いた研究をしています。 食物網や物質循環、生物の移動などの研究に使うことができます。