GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
分子ネットワーク講座

研究

三井 久幸

准教授 三井 久幸
キャンパス 片平 キャンパス
所属研究室 微生物共生
連絡先 022-217-5685
E-mail hmitsui@ige.tohoku.ac.jp

専門は細菌の分子遺伝学です。細菌から高等動植物まで共通する生命の原理を、細菌を研究材料として解き明かそうと思っています。大学院生の頃に高等植物の研究を行っていた縁もあり、植物との関係性を研究の切り口にしています。

経歴
東京大学大学院農学系研究科博士課程修了、三菱化学生命科学研究所特別研究員、東北大学遺伝生態研究センター助手、同助教授を経て、平成13年4月から現職
著書・論文
Sugawara M, Takahashi S, Umehara Y, Iwano H, Tsurumaru H, Odake H, Suzuki Y, Kondo H, Konno Y, Yamakawa T, Sato S, Mitsui H, Minamisawa K. 2018 Variation in bradyrhizobial NopP effector determines symbiotic incompatibility with Rj2-soybeans via effector-triggered immunity. Nat Commun 9:3139.
 
Mitsui H, Minamisawa K. 2017. Expression of two RpoH sigma factors in Sinorhizobium meliloti upon heat shock. Microbes Environ 32:394–397.
 
Sánchez C, Mitsui H, Minamisawa K. 2017. Regulation of nitrous oxide reductase genes by NasT-mediated transcription antitermination in Bradyrhizobium diazoefficiens. Environ Microbiol Rep 9:389–396.
 
Sasaki S, Minamisawa K, Mitsui H. 2016. A Sinorhizobium meliloti RpoH-regulated gene is involved in iron-sulfur protein metabolism and effective plant symbiosis under intrinsic iron limitation. J Bacteriol 198:2297–2306.
 
Anda M, Ohtsubo Y, Okubo T, Sugawara M, Nagata Y, Tsuda M, Minamisawa K, Mitsui H. 2015. Bacterial clade with the ribosomal RNA operon on a small plasmid rather than the chromosome. Proc Natl Acad Sci U S A 112:14343–14347.
所属学会

日本農芸化学会、植物微生物研究会

担当講義

先端分子化学生物学特論II(大学院)

生態学合同講義(大学院)

生命科学概論(全学共通科目)

最近の研究について

根粒菌の共生窒素固定能は、7,000万年前の地球上にマメ科植物が出現して以降、両者の共進化によって培われました。根粒菌の先祖アルファプロテオバクテリアは、独自の遺伝的性質を基盤として、窒素固定酵素などの新たな遺伝子を水平的に獲得してきたと考えられます。そのような遺伝基盤を追求する過程で、ヒートショック応答、鉄硫黄クラスター生合成、更にはゲノムのレプリコン構成について根粒菌に独自の性質があり、大腸菌など従来の分子生物学のモデル生物種とは異なること、また、それらが植物共生に重要な役割を果たしていることなどが明らかになりました。現在は、それら関連遺伝子の詳細な分子機能の研究を進めています。

メッセージ

こちらは少人数の研究室ですが、丁寧な指導をモットーに教育研究を行っています。大学院入学に際して、分子生物学・微生物学などの研究経験は不要です(入学後は一生懸命勉強してください)。「細菌」という比較的シンプルな系で遺伝子の機能をとことん追求してみませんか?