GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
分子ネットワーク講座

研究

菅野(塩月)明

准教授 菅野(塩月)明
キャンパス 片平 キャンパス
所属研究室 植物分子育種
連絡先 022-217-5725
E-mail kanno@ige.tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.ige.tohoku.ac.jp/prg/kanno/index.html
Google Scholar:
ResearcherID:

大学時代は大腸菌のプラスミドDNA、大学院時代はイネのオルガネラDNAを研究していました。学部は理学部、大学院は農学研究科だったので、基礎と応用、双方の視点を理解しているつもりです。

経歴
平成4年4月 日本学術振興会特別研究員(PD)
平成5年2月 東北大学遺伝生態研究センター教務職員
平成5年6月 東北大学遺伝生態研究センター助手
平成9年8月〜平成11年7月 日本学術振興会海外特別研究員(派遣先:ドイツ国マックスプランク植物育種研究所)
平成11年2月 東北大学遺伝生態研究センター助教授
平成13年4月 東北大学大学院生命科学研究科助教授
平成19年4月 東北大学大学院生命科学研究科准教授
著書・論文
  1. Abdelrahman et al. (2020). Comparative metabolome andtranscriptome analyses of susceptible Asparagus officinalis andresistant wild A. kiusianus revealed insights into stem blight diseaseresistance. Plant and Cell Physiology 61:1464-1476.
  2. Sangin et al. (2020) Isolation of an AGAMOUS homolog fromZamia muricata. Songklanakarin Journal of Science and Technology 42:365-370.
  3. Mitoma et al. (2019) Molecular mechanism underlyingpseudopeloria in Habenaria radiata (Orchidaceae). The Plant Journal99:439-451.
  4. Miura et al. (2019) Expression and functional analyses of fiveB-class genes in grape hyacinth (Muscari armeniacum). The HorticultureJournal 88:284-292.
  5. Mitoma et al. (2018) A new DNA marker for sex identificationin purple asparagus. Euphytica 214:154.
  6. Mitoma and Kanno (2018) The greenish flower phenotype ofHabenaria radiata (Orchidaceae) is caused by a mutation in theSEPALLATA-like MADS-box gene HrSEP-1. Frontiers in Plant Science 9:831.
  7. Takeuchi et al. (2018). Features in stem blight resistanceconfirmed in interspecific hybrids of Asparagus officinalis L. andAsparagus kiusianus Makino. The Horticulture Journal 87:200-205.
  8. Harkess et al. (2017) The asparagus genome sheds light on theorigin and evolution of a young Y chromosome. Nature Communications 8:1279.
  9. Kanno et al. (2017) A method for sex identification inasparagus using DNA from seeds. Euphytica 213:223.
  10. Abdelrahman et al. (2017) Comparativede novo transcriptomeprofiles in Asparagus officinalis and A. kiusianus during the earlystage of Phomopsis asparagi infection. Scientific Reports 7:2608.
  11. Murase et al. (2017) A MYB transcription factor gene involvedin sex determination in Asparagus officinalis. Genes to Cells 22:115-123.
  12. Komai et al. (2016) Precocious in-vitro flowering ofperennial asparagus (Asparagus officinalis L.) regenerants with achemical inducer. American Journal of Plant Sciences 7:1834-1845.
  13. Otani et al. (2016) Suppression of B function stronglysupports the modified ABCE model in Tricyrtis sp. (Liliaceae).Scientific Reports 6:24549.
  14. Kubota and Kanno (2015) Analysis of the floral MADS-box genesfrom monocotyledonous Trilliaceae species indicates the involvement ofSEPALLATA3-like genes in sepal-petal differentiation. Plant Science241:266-276
  15. Sharifi et al. (2015) Double flower formation in Tricyrtismacranthopsis is related to low expression of AGAMOUS ortholog gene.Scientia Horticulturae 193:337-345.
  16. Mizunoe et al. (2015) Morphological variation andAGAMOUS-like gene expression in double flowers of Cyclamen persicumMill. The Horticulture Journal 84:140-147.
  17. Hoshino et al. (2014) Characterization of CYCLOIDEA-likegenes in controlling floral zygomorphy in the monocotyledonAlstroemeria. Scientia Horticulturae 169:6-13.
  18. Kanno et al. (2014) Conversion of a male-specific RAPD markerinto an STS marker in Asparagus officinalis L. Euphytica 197:39-46.
所属学会

日本育種学会、日本園芸学会、日本植物生理学会、日本植物学会、 国際園芸学会

担当講義

先端分子化学生物学特論(大学院)
細胞生物学合同講義(大学院)
生命科学特論(学部)

最近の研究について

植物の花と性に関する研究を行っています。「性」については雌雄異株植物(アスパラガス)を用いて性決定遺伝子及び花器官形成遺伝子群の単離解析を行い、雌雄異株植物における性分化機構の分子メカニズムを解明しています。また「花」については主に単子葉植物(ユリ科植物やラン科植物)を用いて、花被形成に関わる遺伝子群を単離解析し、花被形成機構の解明を行っています。

メッセージ

うちの研究グループは学部に所属していないため、大学院生は全て学外から進学してきた学生さんたちです。アウェー感を感じることがないため、外の大学から進学しやすい研究室だと思います。Facebookも細々と更新していますので、「Facebook、東北大学、菅野」で検索してみて下さい。