GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
階層的構造ダイナミクス講座

研究

小和田 俊行

助教 小和田 俊行
キャンパス 片平 キャンパス
所属研究室 生体分子機能制御
連絡先 022-217-5118
E-mail toshiyuki.kowada.d5@tohoku.ac.jp
ホームページ http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/mizukami/
経歴
2005年                     京都大学工学部工業化学科 卒業
2010年                     京都大学大学院工学研究科 博士後期課程修了
2010年–2011年         大阪大学免疫学フロンティア研究センター 特任研究員
2011年–2014年         大阪大学免疫学フロンティア研究センター 特任助教
2014年–2016年         米国スタンフォード大学 博士研究員
2016年11月    東北大学多元物質科学研究所 助教
著書・論文
<論文>
  1. “Real-time intravital imaging of pH variation associated with osteoclast activity” Hiroki Maeda, Toshiyuki Kowada, Junichi Kikuta, Masayuki Furuya, Mai Shirazaki, Shin Mizukami,Masaru Ishii, Kazuya Kikuchi, Nat. Chem. Biol. 2016, 12, 579–585.
  2. “BODIPY-based probes for the fluorescence imaging of biomolecules in living cells” Toshiyuki Kowada, Hiroki Maeda, Kazuya Kikuchi, Chem. Soc. Rev. 2015, 44, 4953–4972.
  3.  “Dynamic visualization of RANKL and Th17-mediated osteoclast function”Junichi Kikuta, Yoh Wada, Toshiyuki Kowada, Ze Wang, Ge-Hong Sun-Wada, Issei Nishiyama,Shin Mizukami, Nobuhiko Maiya, Hisataka Yasuda, Atsushi Kumanogoh, Kazuya Kikuchi,Ronald N. Germain, Masaru Ishii, J. Clin. Invest. 2013, 123, 866–873.
  4. “In Vivo Fluorescence Imaging of Bone-Resorbing Osteoclasts”Toshiyuki Kowada, Junichi Kikuta, Atsuko Kubo, Masaru Ishii, Hiroki Maeda, Shin Mizukami, Kazuya Kikuchi, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 17772–17776.
  5. “Near-infrared BODIPY dyes modulated with spirofluorene moieties”Toshiyuki Kowada, Shuhei Yamaguchi, Hiroki Fujinaga, Kouichi Ohe  Tetrahedron 2011, 67, 3105–3110.
  6.  “Highly Fluorescent BODIPY Dyes Modulated with Spirofluorene Moieties” Toshiyuki Kowada, Shuhei Yamaguchi, Kouichi Ohe, Org. Lett. 2010, 12, 296–299.
 
<著書>
  1. Optical Probes in Biology, CRC Press, 2015, edited by Jin Zhang, Sohum Mehta, Carsten Schultz. “Chemical probes for fluorescence imaging in living mice” Chapter 13, 335–354, 2015. Toshiyuki Kowada, Hiroki Maeda, Kazuya Kikuchi.
  2. 実験医学別冊「in vivoイメージング実験プロトコール 原理と導入のポイントから2光子顕微鏡の応用まで」 石井 優/編, 発行元:羊土社 「5. in vivoイメージングに適した化学プローブの選択」小和田俊行, 菊地和也, 42–50, 2012.
所属学会
日本化学会、日本化学会 生体機能関連化学部会、日本ケミカルバイオロジー学会、日本バイオイメージング学会、有機合成化学協会