GO TOP

研究分野

生態発生適応科学専攻 :
生態ダイナミクス講座

研究

近藤 倫生

教授 近藤 倫生
キャンパス 青葉山 キャンパス
所属研究室 統合生態
連絡先 022-795-6696
E-mail michio.kondo.b8@tohoku.ac.jp
Google Scholar
 

愛知県名古屋市生まれ。趣味は料理と読書しながらの長風呂。甘いものとラーメンに目がありません。がんもどきと静電気、退屈な会議が苦手です。

経歴

京都大学理学部卒業、京都大学理学研究科博士後期課程修了(博士(理学))。日本学術振興会PD、龍谷大学理工学部講師、准教授、教授を経て、2018年4月より現職。

環境DNA学会(2018年設立)初代会長。日本生態学会宮地賞(2004年)、日本数理生物学会研究奨励賞(2009年)、Akira Okubo Prize(2011, 日本数理生物学会・Society for Mathematical Biology)、文部科学大臣表彰若手科学者賞(2013)受賞。

著書・論文
  1. M. Ushio, C. Hsieh, R. Masuda, E. R. Deyle, H. Ye, C.-W. Chang, G. Sugihara and M. Kondoh (2018) Fluctuating interaction network and time-varying stability of a natural fish community. Nature  554: 360-363. (http://rdcu.be/Gt2J)
  2. S. Yamamoto, K. Minami, K. Fukaya, K. Takahashi, H. Sawada, H. Murakami, S. Tsuji, H. Hashizume, S. Kubonaga, T. Horiuchi, M. Hongo, J. Nishida, Y. Okugawa, A. Fujiwara, M. Fukuda, S. Hidaka, K. W. Suzuki, M. Miya, H. Araki, H. Yamanaka, A. Maruyama, K. Miyashita, R. Masuda, T. Minamoto, M. Kondoh (2016) Environmental DNA as a ‘Snapshot’ of Fish Distribution: A Case Study of Japanese Jack Mackerel in Maizuru Bay, Sea of Japan. PLoS One 11: e0149786.
  3. A. Mougi and M. Kondoh (2016) Food-web complexity, meta-community complexity and community stability. Scientific Reports 6: 24478.
  4. A. Mougi and M. Kondoh (2012) Diversity of interaction types and ecological community stability. Science 337: 349-351.
  5. M. Kondoh, S. Kato and Y. Sakato (2010) Food webs are built up with nested subwebs. Ecology 91: 3123-3130.
  6. T. Miki, M. Ushio, S. Fukui and M. Kondoh (2010) Functional diversity of microbial decomposers facilitates plant coexistence in a plant–microbe–soil feedback model. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 107: 14251-14256.
  7. M. Kondoh and K. Ninomiya (2009) Food-chain length and adaptive foraging. Proceedings of the Royal Society of London. Series B. 276: 3113-3121.
  8. M. Kondoh (2008) Building trophic modules into a persistent food web. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 105: 16631-16635.
  9. M. Kondoh (2003) Foraging adaptation and the relationship between food-web complexity and stability. Science 299: 1388-1391.
  10. M. Kondoh (2001) Unifying the relationships of species richness to productivity and disturbance. Proceedings of the Royal Society of London. Series B 268: 269-271.
所属学会

日本生態学会、環境DNA学会(会長)、数理生物学会、個体群生態学会

担当講義
理論生態学、生命科学B

最近の研究について

 生態系は、多様な生物が互いに関わりつつ駆動する巨大な複雑系です。数理・統計モデルなどを利用した解析手法や、海での潜水目視・環境DNA・音響観測などから得られる生態モニタリングデータ、さらにはバクテリアや昆虫を用いた人工生態系実験など多様な道具を武器に、生態学的現象の本質を捉え,その背後に隠された共通原理の理論的解明を目指しています。最近は特に、生態系の予測・制御・設計を可能にする新しい研究分野を開拓できたらと夢想しています。

メッセージ

 自然科学の研究は、この世界がどのようにできているかを知る知的探求であるだけではなくて、自分には世界がどんな風に見えているのか、そして自然とどう向き合おうとしているのかを示す自己表現の手段でもあります。研究やそこから生まれる色々な繋がりを通じて、皆さんと知りあい、一緒に話ができるのを楽しみにしています。