GO TOP

研究分野

分子化学生物学専攻 :
協力教員

研究

上田 実

教授 上田 実
キャンパス 青葉山 キャンパス
所属研究室 天然物ケミカルバイオロジー
連絡先 022-795-6553
E-mail minoru.ueda.d2@tohoku.ac.jp
ホームページ http://www.orgchem1.chem.tohoku.ac.jp/orgchem1/Home.html

 天然物有機化学分野での多年の経験に立って、その先を見据えたケミカルバイオロジーとケミストリー&バイオロジー研究を展開しています。有機化学者であり生物学者でもある「科学者」としてありたいと思っています。

経歴

1994年名古屋大学大学院農学研究科博士(後期)課程修了。慶應義塾大学理工学部化学科助手、専任講師、助教授を経て、2004年より東北大学大学院理学研究科化学専攻教授。2018年より東北大学大学院生命科学研究科併任。

著書・論文
  1. M. Ueda, et al., Non-canonical function of a small-molecular virulence factor coronatine against plant immunity: An In vivo Raman imaging approach, ACS Cent. Sci., 3, 462-472 (2017).
  2. Y. Kanno, et al., AtSWEET13 and AtSWEET14 regulate gibberellin-mediated physiological processes, Nature Commun. 7:13245 | DOI: 10.1038/ncomms13245 (2016) .
  3. S. Egoshi, et al., Dual function of coronatine as a bacterial virulence factor against plant: possible COI1-JAZ-independent role, RSC Adv., 6, 19404-19412 (2016).
  4. H. Saito, et al., The jasmonate-responsive GTR1 transporter is required for gibberellin-mediated stamen development in Arabidopsis, Nature Commun. 6: 6095 | doi: 10.1038/ncomms7095 (2015).
  5. 上田 実編著、「CSJカレントレビュー19 生物活性分子のケミカルバイオロジー:標的同定と作用機構」、化学同人 (2015). 
所属学会

日本化学会、日本農芸化学会、日本ケミカルバイオロジー学会、植物化学調節学会、日本植物生理学会など。

担当講義
先端分子化学生物学特論